銀行融資

  1. 信用保証協会付き融資しか興味がない

    金融機関といっても中小企業向け融資に対する対応は様々です。当社顧問先なのですが、政府系金融機関や大手銀行からは資本性ローンの提案を受け、地元地方銀行から…

  2. 経営計画書で金融支援を獲得

    金融機関との融資取引において、経営計画書の提出を要求される、あるいは提出することでプラスに評価されることが増えています。日本政策金融公庫から今回は融資が…

  3. 3月は早めに行動を

    3月になりました。3月はいつも融資申込みが増加する月です。1,2月は売上が減少する企業が多いと思いますが、その影響で3月あたりの資金繰りは苦しく…

  4. 金融機関開拓

    取引金融機関はあるが、あまり融資には積極的ではない等の理由から、新しい金融機関との取引を希望する経営者は、次のようなことに注意するといいでしょう。金融機…

  5. フタバ図書が粉飾決算

    こんな報道がありました。粉飾決算のニュースが増えているような気がします。中國新聞2021年2月17日フタバ図書「粉飾決算」、金融機関に説明「40年続…

  6. 3月に融資が必要なら

    例年3月は融資申込みが増える月です。依然としてコロナが経済活動に影響を与えていますから、今年はさらに申し込みが増えるかもしれません。昨年のコロナ融資がピ…

  7. 実態貸借対照表

    金融機関は融資先の決算書を分析する際、借入金の返済能力や経営の安全性を重視する傾向にあります。返済能力でいえば、キャッシュフロー計算書のフリーキャッシュ…

  8. 短期間に再度の保証申込み

    中小企業は信用力の面で大企業と比べて弱いことから、信用力補完のために信用保証協会の保証を得なければ、金融機関から融資に応じてもらえないことがあります。金…

  9. 融資なんて簡単との判断は危険

    顧問先と新規融資を受けるため、金融機関に提出する資料を作成しています。業績悪化の原因がコロナ以外にもあり、それらの改善策とその効果を数値にしたものをまと…

  10. 信用金庫が資金繰り支援に熱心とは限らない

    銀行と信用金庫(あるいは信用組合)を比較すれば、何となく信用金庫の方が地元中小企業にやさしい、小規模企業や個人事業主に向いている、困った時に助けてくれる等のイメ…

  11. 実質無利子・無担保融資の上限額等の変更について

    リーマンショックの時もそうでしたが、資金繰りの悪化した中小企業の支援策は、状況に応じて支援内容や要件等が変更されることがあります。1月15日、経済産業省…

  12. 税金滞納の融資への影響

    提携税理士に顧問先の数社について申告作成を依頼しているのですが、そのうちの1社について渋谷税務署から連絡がありました。申告が遅れたのはコロナの影響かどうかの確認…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

  1. 中小企業経営

    粉飾決算が一因となった倒産が増加
  2. 中小企業支援制度

    台風の被害は顧問先にも
  3. ブログ

    「借りてください」と「貸してください」
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    認定経営革新等支援機関の更新が完了しました
  5. 市川市関係

    市川市が給付金支給など独自の支援策を公表
PAGE TOP