経理部長代行

みなさんの会社の経理部長になります

中小企業ですと、経理に詳しい知識や実務経験を持った社員を雇用する資金的余裕がない、あるいはそれほどの規模でないことから、社長が空いた時間にやっていたり、社長の奥さん等のご家族がやっていたりすることが多くあります。

中小企業だからこそ社長をサポートするために、高度な知識と経験を持った経理部長が必要だといえます。そこで当社が中小企業の経理部長となり、社長を経理業務から支援していきます。

経営に役立つ経理を

経理の仕事というのは、請求書や領収書等を会計ソフトに入力していき、決算書や法人税等の申告書を作成するだけではありません。

もちろん、それらの仕事は非常に重要なものです。しかし、税金を納めるため、あるいは銀行から融資を受けるためだけが目的となってはいないでしょうか。

経理という言葉は、経営管理を略したものです。経理業務をしっかり行うことは経営にもプラスとなることが多いのです。

例えば、節税対策を早めに行うことができる、数か月先の資金繰りを見通すことで資金調達に早めに動くことができる、計画通りの結果になっているか数字で確認することができるなどです。

こんなことで困っていませんか?

・経理担当者がおらず自分や家族がやっている。そのため、遅くなることや間違いも多い。

・経理担当者はいるが経験が浅いので、定期的に経理業務の確認をしてくれる外部の専門家が欲しい。

・資金繰りにいつも悩んでいる。よき相談相手が欲しい。

・経理が疎かになってしまう影響で、節税対策が遅れてしまったり、銀行との融資取引に悪影響が出てしまったりしているので、それらを改善したい。

・税理士事務所と顧問契約はしているが、税理士の能力や仕事に問題があるので困っている。

 

上記以外にも経理に関する問題の解決を、アルバイトの月給程度のコストでお手伝いしています。

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめ記事

  1. ブログ

    資金使途違反に注意
  2. 銀行融資

    融資を受けるために必要な資料
  3. 起業(創業)

    借金アレルギーが今後の資金繰りに影響
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス11月1日号の特集は「ミドルリスク先の本業支援」です
  5. その他いろいろ

    タンス預金はやめましょう
PAGE TOP