銀行融資

  1. 取引銀行から融資を断られた場合

    12月が近づいていることもあるでしょうが、このブログで資金繰りを中心に平日は毎日更新している効果もあり、相変わらずご相談をよく頂きます。赤字や借入過多で…

  2. 不動産担保

    担保や保証、財務データに過度に依存しない融資の推進は、ほんの少しずつですが普及しているように思います。ただ、「金融庁は金融機関に対して過度に依存しないで」と言っ…

  3. 預金の動き

    「返済日の前日には入金しておいてください」顧問先がある銀行から言われた言葉です。毎月10日が引落日なら9日には入金しておいてくれというのです。社…

  4. 貸すも親切、貸さぬも親切

    金融機関からすると、企業に必要な資金は貸しますが、本当は資金が必要ではない、貸しても返済困難が懸念される、貸すことで経営悪化をもたらす懸念がある場合は、貸さない…

  5. 事業性評価資料の作成

    私は平成17年(2005年)からコンサルタントとして中小企業の支援をしています。その頃は今以上に融資審査の中心は決算書であり、(金融機関によって差はありますが)…

  6. 知ってナットク!事例集

    決算書を拝見すると連続赤字、借入過多、債務超過と、銀行員が研修で学ぶ理想的な決算書とは程遠い財務内容になっている中小企業が珍しくありません。特に債務超過は全ての…

  7. 改正信用補完制度がスタートして半年

    改正された信用補完制度が4月からスタートして半年以上が過ぎました。改正内容は大きく2つで、1つめは中小企業のライフステージごとの多様な資金ニーズに対して…

  8. 自社に有利となるような決算説明を

    決算書は一会計期間(通常は1年間)の経営成績を表しています。会計期間が4月1日から3月31日でしたら、損益計算書はその期間の売上や利益等、貸借対照表は3月31日…

  9. 融資予約

    融資予約とは、融資の承認が出る前に、行員が顧客に融資を受託したと期待させるような行為をいいます。「〇〇日までに仕入代金を支払わないと、今後の取引をしても…

  10. 債務超過には冷たい銀行

    企業への融資審査で大きな影響を与えるのが決算書です。決算書のうち貸借対照表と損益計算書が財務分析の中心となるわけですが、損益計算書なら営業利益や経常利益が計上さ…

  11. 融資が通りやすい月

    何月に申し込んでも融資の結果は一緒だと思われるかもしれません。しかし、融資が通りやすい月は存在します。それは3月、9月、12月です。3月と9月が通りやすい理…

  12. 融資を受けるために必要な資料

    金融機関が企業へ融資をする際、審査の必要書類としてまず思い浮かぶのが決算書でしょう。これは必ず求められます。決算書といっても、法人税申告書や勘定科目内訳明細書の…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. ブログ

    常陽銀行と足利銀行が経営統合
  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    明日まで無料相談をお休みします
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    夏季休暇中も経営相談を受け付けています
  4. その他いろいろ

    栃木県の顧問先を訪問
  5. ブログ

    信用保証制度見直し案がまとまりました
PAGE TOP