資金繰り

  1. 手元資金確保の重要性

    手元にある資金が潤沢であり、金融機関からも「借りてください」とお願いされる経営状況にあるなら、経営者が資金調達に費やす時間は極めて少ないですから、経営に集中して…

  2. 10連休が近づいてきました

    10連休が近づいてきました。仕入れなどの支払いを月末にする企業は多いと思いますが、今年は10連休のため4月30日の支払いが5月7日になってしまいます。…

  3. 避けた方がいい親族・知人からの資金調達

    企業が資金調達する先というのは、直接金融(出資、社債)を除けば、まず思い浮かぶのが民間金融機関(銀行など。以下、金融機関)、それ以外には政府系金融機関(日本政策…

  4. ノンバンク利用の注意点

    「ノンバンクは高金利だから手を出しては絶対にいけない、利用した企業は倒産する」、「ノンバンクの社員は怖そうな人もいるのでは?」というイメージを持っている経営者は…

  5. 10連休の資金繰りは余裕をもって

    来月の事ですけど、今年のゴールデンウイークは10連休になりますね。皇太子殿下が天皇陛下に即位されるおめでたい連休ではありますが、その分だけ収入が減ってし…

  6. リスケジュールと借換えの違い

    返済が苦しくなってきたので、毎月の返済額を減らしたいと考えることがあるでしょう。その場合、2つの方法があります。リスケジュール(以下、リスケ)と借換えです。…

  7. 口利き依頼なんてやめましょう

    文春オンライン『片山さつき事務所に新たな疑惑「公設秘書2000万円口利き」』の記事が報道されていました。それによると、2014年、徳島のイチゴ業者が日本…

  8. リスケジュールは恥ずかしくない

    どんな企業でも安定した経営が永遠に続くことはありません。売上が減少して経費削減を行わなければならないこともありますし、資産を売却して資金繰りに充てなければならな…

  9. 自社の正常運転資金はいくらか分かりますか

    正常運転資金とは飲食業や小売業のような現金商売を除き、法人相手に商売をしていると仕入れ等の支払いが先行し、売上代金の回収は後になりますから、仕入れ資金を自社…

  10. 毎月の積立額が多い

    預金金利が極めて低い状況は長年続き、そのため定期預金や積立預金をするメリットがあまり感じられません。顧問先でも積立預金をやっているのは、将来の設備資金の…

  11. 支払利息は保険料

    企業が経営していく上で理想的な資金繰りの流れは、売上代金の入金を確認してから商品やサービスを提供し、そして仕入や外注その他経費を支払う流れです。…

  12. 12月の資金繰りは大丈夫ですか

    早いもので今年もあと1ヶ月を切りました。今日は12月3日です。金融機関は通常30日までですが、今年は29日が土曜日、30日が日曜日なのでいつもより少なく…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 中小企業経営

    御社には経営の相談相手いますか?
  2. ブログ

    東京商工会議所が魅力ある中堅中小企業を紹介
  3. ブログ

    これからも続く地方銀行統合の動き
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    3月の資金繰りは大丈夫ですか?
  5. ブログ

    7月からのセーフティネット保証5号対象業種が公表されました
PAGE TOP