過去の記事一覧

  1. 資金繰り

    リスクを取っても融資をする日本政策金融公庫

    日本政策金融公庫(以下、公庫)は、株式の100%を政府が保有する金融機関です。そのため、中小企業の金融支援には積極的なところがあります。例えば創業融資はリスクの…

  2. 資金繰り

    在庫を持つコスト

    業績が悪化してくる企業の多くは、売れ残ったあるいは仕入過剰による在庫が膨らむ傾向にあります(粉飾による場合もあります)。在庫は少ないと販売機会を逃すこと…

  3. 銀行融資

    事業性評価資料の作成

    私は平成17年(2005年)からコンサルタントとして中小企業の支援をしています。その頃は今以上に融資審査の中心は決算書であり、(金融機関によって差はありますが)…

  4. 中小企業経営

    窮境原因を突き止めてから経営改善を

    損益計算書は赤字であっても、資金調達によって資金繰りがつけば事業は継続できます。しかし、黒字であっても資金繰りがつかなければ倒産となります。だから経営者にとって…

  5. 経理業務

    法人税の申告をしました

    当社は8月が決算月です。今日、法人税の申告をしてきました。電子申告がかなり普及してきたと思います。申告を税理士に依頼しているなら電子申告でとなるのでしょ…

  6. 銀行融資

    知ってナットク!事例集

    決算書を拝見すると連続赤字、借入過多、債務超過と、銀行員が研修で学ぶ理想的な決算書とは程遠い財務内容になっている中小企業が珍しくありません。特に債務超過は全ての…

  7. 中小企業支援制度

    経営改善計画書の説明をしてきました

    当社は認定支援機関として活動していますが、特に経営改善計画策定支援事業(通称405事業)を利用しての経営改善に力を入れております。中小企業がリスケジュー…

  8. 銀行融資

    改正信用補完制度がスタートして半年

    改正された信用補完制度が4月からスタートして半年以上が過ぎました。改正内容は大きく2つで、1つめは中小企業のライフステージごとの多様な資金ニーズに対して…

  9. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス11月1日号の特集は「ミドルリスク先の本業支援」です

    株式会社近代セールス社様から発行されている近代セールスは、金融機関に勤める行職員を対象とした金融誌です。そして、2018年11月1日号の特集は、「金融機関の急務…

  10. 起業(創業)

    借金アレルギーが今後の資金繰りに影響

    これまで金融機関から融資を受けて資金繰りを回している経営者であっても、借金に対するアレルギーはあるかもしれません。ましてやこれから起業する方となれば、今まで借金…

  11. 銀行融資

    自社に有利となるような決算説明を

    決算書は一会計期間(通常は1年間)の経営成績を表しています。会計期間が4月1日から3月31日でしたら、損益計算書はその期間の売上や利益等、貸借対照表は3月31日…

  12. 中小企業支援制度

    セーフティネット保証5号の対象業種ではありませんか

    セーフティネット保証5号とは、全国的に業況の悪化している業種に属する中小企業を支援するための保証制度です。この制度の指定業種に属する事業を行っており、以…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめ記事

  1. ブログ

    せっかく作った計画書、時々は見ましょう
  2. 経営者

  3. ブログ

    資産計上によって問題が表面化しない
  4. 金融機関に関するニュース

    スルガ銀行不適切融資問題 9月7日に報告書を提出
  5. 金融機関に関するニュース

    スルガ銀行は優良銀行
PAGE TOP