過去の記事一覧

  1. 銀行融資

    金融機関から営業してもらうには

    こちらから金融機関に出向いて新規の取引を始めることはできます。しかし、あまりにも融資実行を急いでいるようだと、銀行員は「メイン行から融資を断られたのだろうか?」…

  2. 中小企業経営

    簡単な決算書分析の仕方

    決算書は企業の通知表です。損益計算書は1会計期間(通常1年間)の売上等の収益がどれだけあって、仕入、人件費、地代家賃等の費用がいくらあり、結果としていく…

  3. 銀行融資

    金利引下げは交渉できる

    超低金利の時代ですし、金融機関の競争もありますから、中小企業でも結構低金利で融資を受けていることが珍しくありません。しかし、何年も前に融資を受けた分の中…

  4. 資金繰り

    少人数私募債

    少人数私募債とは、親族、取引先、従業員、知人、顧問弁護士等に社債を引き受けてもらう資金調達法です。社債というと何だか大企業でないと無理なような気がするで…

  5. 中小企業経営

    御社には経営の相談相手いますか?

    今日午前中、事業再生のお手伝いをする予定の経営者さんと一緒に、今後の資金繰り相談で取引銀行に行ってきました。私もその場に同席させてもらい、社長の説明をお手伝いし…

  6. 資金繰り

    融資詐欺に気をつけましょう

    先週、訪問した顧問先様は、規模は縮小せざるを得なくなったものの、3期連続で利益を出すまでに回復しました。しかし、資金繰りが安定するにはもう少し時間がかかりそうな…

  7. 資金繰り

    売掛金はしっかり回収を

    売掛金の回収は必ずやらなければなりません。それはいうまでもなく、自社の資金繰りのために必要なことだからです。売掛金を回収した資金で、仕入や外注、…

  8. 中小企業経営

    親しいから相談ができない

    長年の付き合いで親しい間柄にあれば、普通は何でも言える関係になると思います。しかし、そのせいで相談できないということもあるようです。「顧問契約をしている…

  9. 資金繰り

    売上増加は資金繰りが苦しくなる原因

    経営が苦しい企業なら少しでも売上を増やしたいでしょうし、そうでない企業であっても今期は前期よりも売上を伸ばしたいと考える経営者は多いと思います。売上が増…

  10. 資金繰り

    納期の特例制度利用は資金繰りに注意

    納期の特例制度すでに、市区町村から住民税の通知書や納付書が届いているかと思います。給料から徴収する源泉所得税や住民税は、原則として給料を支払った翌月…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめ記事

  1. ブログ

    ファクタリング
  2. ブログ

    伝票は必要ありません
  3. ブログ

    東京都信用保証協会のビジネスチャンス・ナビ2020連携保証制度
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス2018年7月1日号に執筆記事が掲載されました
  5. ブログ

    貸付金残高が増えていませんか 
PAGE TOP