経理業務

  1. 貯蔵品に計上

    期末を迎えこれから決算書を作成していく段階になると、期末時点での商品・製品、原材料、仕掛品などについて何がいくらあったのかを確認し、棚卸資産として資産計上します…

  2. 試算表を作成するメリット

    とても簡単に説明すると、1年間の取引をまとめたものが決算書であり、その途中経過をまとめたものが試算表と考えればいいでしょう。経理作業が正しく行われている…

  3. 売上債権の管理強化を

    中国のウイルス問題、国内では百貨店の倒産や消費税率引上げ、オリンピックがプラスの要因として考えられてもあまりいい話は聞かないし、全体的にはマイナスの傾向にあるで…

  4. 12月は資金調達の必要はありませんか?

    例年12月は資金調達に動く企業が多い月です。しかし、「融資の件で相談に乗って欲しい」との連絡を頂いて面談した際、「今期はもう半年以上経ちますが数字はいか…

  5. 令和元年の年末調整説明会に参加

    今年も残り2ヶ月を切って、年末調整の準備をそろそろ始める時期となってきました。年末調整は社内でやっている、税理士や社会保険労務士に依頼している、対応は様…

  6. 消費税軽減税率制度開始は10月から

    今年10月から消費税率の引上げと軽減税率制度が導入されます。海外ではすでに複数の税率が導入されている国もありますが、日本では初めての軽減税率です。…

  7. 月末の在庫を把握しましょう

    顧問先企業への訪問や面談相談で試算表を拝見することは多いのですが、商品や原材料の購入を「仕入」として処理し、月末時点での在庫を計上せずにいる中小企業は非常に多い…

  8. この経費は経営に貢献しているか

    顧問先の経理の方からお電話がありました。内容は「うちの会社は、商工会議所、法人会、〇〇協会とか、会費の支払いがとても多いんですけど、これってメリットある…

  9. 粉飾決算が頭をよぎったら

    資金繰りの悩みを聞いていると、かなりの確率で決算書は粉飾されています。粉飾は経営者本人がやることもありますが、税理士が提案してくることもよくあります。そうすると…

  10. 取締役をしている会社で税務調査

    私はエム・エヌ・コンサル以外にも取締役をしている山形県の会社があります。そのうちの1社で税務調査がありました。確か10年振りです。通常は税理士会の要請により確定…

  11. 試算表は80%程度の完成でいい

    通常、決算書を作成するのは年1回だけです。法人税等の申告もありますのでどんなに経理がいい加減でずさんだったとしても、3月決算なら5月末までに申告して決算書は完成…

  12. 3月決算企業は早めに決算予想を

    3月を決算月にしているのは、大企業だけでなく中小企業でも一番多いです。3月決算の企業は今期の残りは2ヶ月を切りましたから2月、3月の売上も計算でき、およ…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

  1. 金融機関に関するニュース

    スルガ銀行不適切融資問題 9月7日に報告書を提出
  2. 銀行融資

    融資が出ないのは自社を見直すいい機会
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    認定経営革新等支援機関の更新が完了しました
  4. ブログ

    新年度がスタートしましたが・・・
  5. 銀行融資

    金利引下げで苦しむ金融機関
PAGE TOP