経理業務

  1. 手書きで経理作業

    私が税理士事務所に勤めていた頃は、まだすべて手書きで経理作業をしている中小企業は結構ありました。会計ソフトが使えない以前に、パソコンがない顧問先もありましたから…

  2. 試算表すぐ提出できますか

    決算書とは一定期間(多くは1年間)の経営成績や財政状態を、試算表は途中経過をまとめたものといえます。そして試算表は、経理作業が正しく行われているかのチェックに必…

  3. 粗利率の計算合ってますか?

    粗利(粗利益)とは売上総利益のことで、売上から売上原価を差し引いた利益です。そして粗利率というのは売上に占める粗利の割合のことで、どの業界でもだいたいの…

  4. 営業利益よりも経常利益

    決算書の損益計算書には利益がいくつもあって、上から売上総利益(いわゆる粗利益)、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、税引後当期純利益と並んでいます。利…

  5. 関係が悪化した税理士を替えませんか

    今まで積極的に粉飾決算の手伝いをしてきたのに、かなりの粉飾規模になってしまったことが不安になったのでしょう、税理士が顧問先企業を見捨てるケースに今年は3件出会い…

  6. 自動車販売会社の架空在庫計上

    日刊自動車新聞電子版2020年9月7日ポルシェディーラーの昌和自動車が破産手続き粉飾決算など発覚https://www.netdenjd.com/a…

  7. 売掛金は管理できていますか

    売掛金は通常であればその後、現預金になりますから大切なものです。そんな大切なものなのに、経営支援を始める企業に初めてお伺いし、会計ソフトのデータを拝見す…

  8. 特別損失への計上

    今年の梅雨は大雨によって甚大な被害が発生しましたが、日本では毎年のように大雨、台風、地震等の自然災害が発生し、店舗、工場、その他設備が被害を受けるケースは少なく…

  9. 早期解消が難しい貸付金

    顧問先を訪問して会計データをチェックしていると、従業員への貸付金処理を見かけます。コロナウイルスが影響しているわけではなく、たまたま(ちゃんと給料支払っ…

  10. 迅速な対応を求めるなら

    地域差はあるでしょうが、コロナウイルスの影響を受け資金繰りが苦しくなったので融資の相談をしに行っても、「信用保証協会の利用が必要ですが、非常に申し込みが殺到し審…

  11. 正しい決算書にするいいタイミング

    このブログで「粉飾決算はやめましょう」と訴えている効果でしょうか、今までの経営を見直したいとのお問い合わせが今年に入ってから増えています。金融機関を粉飾…

  12. 3月決算のみなさん、決算書できましたか?

    決算月の割合としては、3月決算5月申告の企業が一番多いのですが、3月決算の企業はそろそろ利益や税額は確定したでしょうか。当社の顧問先でも3社中2社が申告を終えま…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

  1. 中小企業支援制度

    事業承継補助金
  2. 起業(創業)

    銭湯経営希望者向け融資「ツナグ」
  3. 経理業務

    正しい決算書にするいいタイミング
  4. 経理業務

    領収書を買ってはいけません
  5. 銀行融資

    必要な額と理由の説明を
PAGE TOP