試算表の提出が遅いということは

自社の経営がどのような状態なのかチェックするために必要であり、そして金融機関に融資を依頼すると必ず提出を求められるのが試算表です。

直近の試算表がすぐに提出できる、これは経営がしっかりしている企業の証です。逆にそれが困難な企業は様々な経営課題を抱えている可能性が高いといえます。

例えば、業績悪化等から管理部門に人件費をかけたくないからと、経営者が片手間にやっている、または能力的に低い社員が担当しているため、会計ソフトを使って試算表を提出することができない、会計事務所に外注しているとしても、書類を渡すのが遅いから試算表完成までに日数を要するのです。

それでは自社の経営を数字で確認しようとしてもできないし、古い結果でしか確認ができませんから正しい経営判断ができないし、経営改善を進めることができません。そして利益が出ていたとしても節税対策が遅れることになるでしょう。

金融機関に融資を相談して、担当者から「では最新の試算表をお願いします」と言われたとしましょう。その場でまたは数日中には提出できれば全く問題はありません。

それが1週間とか2週間しても提出されないとしたら、「試算表は作ったけど、思ったよりも数字が悪くて、提出できないでいるのでは」「数字が悪いから、どう調整(粉飾)しようか悩んでいるのではないか」と疑われることにもなりかねません。

セーフティネット保証のように前期比との比較で売上減少が対象要件なら、いくら減らそうかと考える経営者がいますし、金融機関担当者からの指示でされた方もいるでしょう。そういう場合は(やってはいけないけど)楽だと思います。

ただ、増加運転資金のような前向きな資金需要で融資を獲得しようとするのに、試算表を見たら悲惨なことになっていたでは、見た目をよくするためにいろいろ苦労されると思います。実際、自分ではよく分からないからと「明日、銀行に試算表を提出すると約束したのだが、どう数字をいじったらいいか急いで教えてくれ」とご相談をいただくこともたまにあります(そういうご相談は一切お断りしています)。

その場は上手くごまかして資金調達できたとしても、あとで大がかりな調整というか不正をしていると、発覚する可能性は非常に高いです。試算表はあくまでも「試算」ですから、あまり変なことはせず、迅速に対応したほうが金融機関からの評価はむしろ良いと思いますよ。試算表だけでなく決算書の数字をごまかして、金融機関を騙すような行為はもう時代遅れです。当社では経理業務をサポートする「経理部長代行」も行っています。

試算表の作成が遅い、そして内容をごまかすことは、経営と資金調達どちらにもマイナスです。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事