• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    経営問題の原因と改善策を一緒に考えませんか?

    ■問題の原因と改善策を考えてみましょう 企業の規模に関係なく常に経営には問題がつきまといます。 ・赤字経営から脱却できない ・売上・利益が減少傾向にある ・常に資金繰りに不安を抱えている ・後継者が見 …

    続きを読む


    経営改善計画書は毎年見直してもかまいません

    リスケジュールをしている企業は、多くが経営改善計画書を作成して、銀行に提出をしていると思います。計画書の中には簡易なものもあるでしょうし、銀行担当者が作ってくれたということもあるでしょうが、どんなもの …

    続きを読む


    資産計上によって問題が表面化しない

    決算書の中には貸借対照表と損益計算書がありますが、貸借対照表は決算日における財政状態を表し、損益計算書は一定期間(例えば4月1日から3月31日)の経営成績を表しています。   中小企業の経営 …

    続きを読む


    業績アップは運転資金を増加させる

    私が起業直後からずっとお付き合いのあるネット関係のお客様は、顧問契約が始まった頃は年商3,000万円位でした。   経費の大部分は人件費と家賃で、ネット関係の通信費がやや他の業種よりは多いも …

    続きを読む


    9月の融資対応は早めに

    当社は昨日までお休みで今日から仕事でしたが、お盆期間中にも相談したいという経営者さんとお会いしていたので、あまり休めませんでした。   みなさんはしっかり休めましたか。   今月も …

    続きを読む


    計画未達の場合の銀行への報告

    当社のお客様の何社かは、取引銀行に経営改善計画書を提出して、その後の進捗状況を定期的に報告しています。   当然、決算書が完成すれば、それを持って取引銀行に1年間の報告をすることになります。 …

    続きを読む


    「やめる」判断

    当社の最寄駅に近い場所で居酒屋がオープンしたのですが、3か月もせずに閉店してしまいました。   入口の張り紙には家の都合みたいな理由が書かれていましたが、あまりにも早すぎるような気がします。 …

    続きを読む


    損益分岐点売上高

    経営者の皆さんは、自社の損益がゼロとなる売上高をご存知ですか。   赤字にはならないために、少なくともいくら以上の売上高が必要か把握されているでしょうか。   黒字でも赤字でもない …

    続きを読む


    提供する情報量が多いと融資の成功確率は高くなる

    銀行が中小企業向け融資をする際の判断材料として、当然大きな影響を与えるのは決算書です。   業績が良好で多額の利益を出している決算書を作成しているのであれば、資金調達で困ることは少ないでしょ …

    続きを読む