オーバーリース

数年前ちょっとだけお付き合いした経営者さんから電話がありました。「ちょっとだけ」というのはいろいろ問題のある経営者だったので支援をお断りしたのです。

電話の内容は「金融機関から融資が受けられない、資金繰りに困っている中小企業をご存知でしたらご紹介いただけませんか。リースを利用した資金調達でお手伝いができます。紹介手数料もお支払できます」ということでした。

このような金融機関から相手にされない中小企業に対して、リースを使った資金調達が可能なので紹介して欲しいという連絡が時々あります。

ネットで調べるとオーバーリースという資金調達方法のようです。

コピー機や車両等の固定資産を購入する際、リース契約を結ぶのですが、実際の価格以上で販売することにしてリースを組むことで資金調達するというもの。

例えば、複合機やコピー機が本当は30万円なのだけど、100万円ということにしてリース契約を組みます。

100万円から30万円を引いた70万円が残るわけですが、さらに手数料や仲介業者への手数料が引かれて資金調達ができることにはなります。ただ、手元に残るのは大幅に手数料を引かれた金額となってしまいます。

以前、Twitterで当社に連絡してきた業者は、複合機やオフィス什器を販売したことにして、それにリースを組んで手数料を引いて残りを企業に渡すという方法でした。

手元に残るのは数十万円であっても100万円の契約ですから、毎月の支払いは5年契約なら毎月1万7千円程度支払い続けなければなりません。

ここまで読んでくだされば分かると思いますが、絶対に利用してはいけない資金調達方法です。最近聞かなくなったと思ったら昨日こんな連絡がありましたから、資金繰りに困っている中小企業を狙った業者がいるということです。もし提案されたら注意してください。

銀行や税理士事務所等で勤務した経験を活かし、経営者の右腕・参謀として資金繰りや経営改善、銀行取引についてご支援します。相談できるコンサルタントや専門家がいなければいつでも連絡してください。

プロフィール

関連記事