資金繰り

在庫はお金と同じです

2017-03-15

定期的に在庫の確認を

商品を仕入れて販売したり、材料を仕入れて製造・販売する業種ですと、決算書には商品や製品、材料等の在庫が計上されているはずです。そして、決算書の後ろには明細書があって、在庫の内訳を記載するページがあると思います。そこには期末時点での商品ごとの数量、単価、合計が記載されているはずです(商品名と合計額だけということも多いと思います)。

そこに計上されている在庫は、期末にちゃんと数量や金額を確認して記載したものでしょうか。

実際のところは、経理や税理士事務所等から期末時点での在庫残高を教えてと言われて、「だいたい○○万円ぐらいあるかな」という感じで計上している企業が多いと思います。私が税理士事務所に勤めていた時の顧問先もほとんどそんな感じでしたし、今はコンサルタントをしてたくさんの中小企業の決算書を見ていますが、やはりそのように計上して、決算書を完成させている企業がとても多い。

でもよく考えて欲しいのですが、在庫は(当たり前ですけど)お金を払って購入しています。つまり、在庫はお金と一緒だということです。そして、それを販売して利益を出しているのです。

そんなお金と同じ価値のある在庫ですが、それなのに在庫の管理をしっかりやっていない中小企業が本当に多いと思います。

棚卸作業は時間と労力がかかりますから大変だとは思います。しかし、正確な利益を計算するため、そして資金繰りのためにも、定期的に行いましょう。それが無理だとしても、どんなに忙しくても、せめて年に1回、決算の時ぐらいはやるようにしましょう。

 在庫を増やすと資金繰りが苦しくなる

販売機会を失いたくないため、在庫を多めにそして品揃えを豊富にしたいというのは、とてもよく理解できます。しかし、在庫は現預金が変化したものです。在庫が多いということはそれだけ資金繰りを苦しくさせることにつながります。

在庫が販売できて資金が回収できるわけですから、当たり前ですけど、すぐに売れる在庫を持つことはいいですね。

しかし、いつ売れるか分からないけど、お客様にその商品は無いと言ってがっかりさせたくないからと、年に1回売れるか売れないかの商品を置いておくお店があります。気持ちは分かります。経営者それぞれに考え方が違いますし、そういう商品を全く置くなとは言えませんが、資金繰りを考えるとほどほどにされたほうがいいでしょう。

また、多めに在庫を持つということは、(在庫によっては)陳腐化、あるいは紛失により資金が回収できなくなるリスクもあります。

業種や取扱商品によって異なりますが、一般論として在庫は1か月分ぐらいと考えたほうがいいでしょう。

在庫を持つということは、売上のためには必要ではありますが、資金繰り上はマイナスなのだという事は覚えておいてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エム・エヌ・コンサル代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-資金繰り
-