銀行融資以外の資金調達方法

コロナウイルスに関連した融資については、このブログでも書いていますように申込から実行までかなりの日数を要するケースが増えてきました。

信用保証協会の保証あるいは日本政策金融公庫の承認が出れば融資実行まではすぐなのですが、認定書の取得に時間がかかる、(急いでいるといっても)信用保証協会の審査にも時間はかかります。日本政策金融公庫も書類を郵送して面談までに(地域差はあるにしても)相当待たされるとの声を聞きます。

これに対して、民間金融機関は中小企業の資金繰り支援のために、きらぼし銀行のようにリスクを承知でプロパー融資にて対応する金融機関は増えてきました。ただ、コロナウイルスの影響がどれだけになるのか見通せない状況では、やはり簡単に対応するのは難しいと考えられますが、それでもまずは取引金融機関に相談しましょう。

そして最近、「融資実行まで時間がかかりそこまで資金繰りが持たない」、あるいは「そもそも融資をしてもらえない」「所有不動産を売却して資金繰りに充てたい」、そんな中小企業からのご相談がないか、顧問先にないか、という内容のご連絡が、ファクタリング会社、ノンバンク、リース会社、不動産会社から増えてきました。

確かに例えば今月末の支払いまでに融資実行が不可能なので、多少手数料が高くても2者間ファクタリングを利用して、その後にコロナウイルス対応融資が実行されれば資金繰りを落ち着かせることができるという考えはあります。それらの業者を利用しての資金調達がすべて悪いわけではありませんが、次のような融資が可能かどうか確認してみましょう。

■三菱UFJ銀行のBizLENDING
AIを活用した審査です。三菱UFJ銀行の口座データを基に審査するため、決算書の提出は不要。本支店に行って面談する必要もありません。三菱UFJ銀行だけではありません。みずほ銀行でも取り扱っています。

銀行口座だけでなくクラウド会計ソフトのデータを活用した融資を行っている地方銀行もあります。

アルトア
アルトア株式会社は弥生会計で有名な弥生株式会社の子会社です。弥生会計を利用している中小企業・個人事業主は多いと思います。その会計データを基にした審査が行われます。ただ、現在のところ弥生会計のデータのみで、かつクラウド会計のデータには対応していません。

ジャパンネット銀行の法人・個人事業主向け融資
ジャパンネット銀行では、ビジネスローンを取り扱っていますし、それ以外にもクラウド会計ソフトのfreeeの会計データを利用した融資、ヤフー出店者専用のローンも取り扱っています。

楽天スーパービジネスローン
楽天市場出店店舗向けのビジネスローンで、楽天での取引データから限度額が決まります。

 

融資額が小さいものもありますが、このようにAI融資、ネット銀行での融資、ネット販売のデータを利用した融資などが多数あります。ファクタリングでも最近は手数料が低い業者も増えてきましたし、ノンバンクなどが決してダメというわけではありません。ただ、少しでも通常の銀行融資とは違う資金調達方法で、自社でも使えそうなものがないか確認してみるといいでしょう。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事