メインバンクの変更

どこが自社のメインバンクかと考える場合、通常は融資残高で決めることが多いでしょう。ただ、融資残高が一番多いとしても保証協会付きばかりの金融機関よりも、残高は少なくてもプロパー融資の多いほうが本当のメインバンクと見ることもできます。そして、口座の動き(支払いや売上代金の入金)もメインバンクが一番多いと思います。

複数の金融機関と取引をしていると、メインバンクとは取引や会う回数も多いから、どうしても不満に思うことも出てくるでしょう。前の担当者は良かったけど今の人はちょっと不満がある、他行の担当者のほうが優秀だからメインバンクを替えたいなどと。

多少できの悪い担当者に当たってしまった、気に入らないことがあったとしても、そう簡単にメインバンクを替えるのは慎重になさったほうがいいと思います。

長年、メインバンクとして取引してくれていることを金融機関は意外と重視するからです。だからメインバンクは、業況が厳しくなった時も最後に支援してくれる可能性が高いのです。

とはいっても変更しなければならないケースもあります。例えば、自社を支援する意思が全くない場合でしょう。

当社顧問先はメインのA銀行に融資の相談する際、今後の売上計画を持って行ったところ、支店長から「こんなできもしない計画書を持ってくるな」と怒鳴られたうえ計画書を投げつけられ、「保証協会は認めても俺は絶対に承認しないからな」と言われたとのことです。仮にできもしない計画書だったとしてもまずは説明を聞くべきです。そして「もっと保守的な数字で出してください」「専門家に一度見てもらってください」と言うのがメインバンクです。ちなみに顧問先さんは計画通りに売上は推移しています。私のアドバイス通りメインをA銀行から武蔵野銀行に変更しつつあります。

そしてもう一つ、自社のためにならないというか、担当者の営業目標のための提案ばかりしてくるのも問題です。担当者都合で融資をお願いしてくる、投資信託や生命保険そしてカードローンを強引にセールスしてくることがあります。

資金繰りをメインバンクに握られていると断りづらいでしょう。断っても取引に影響ない銀行がもちろん多いのですが、中には露骨に嫌な顔をしたり、今後の対応に変化が出ることもいまだにあります。こんなことばかりしてくるようなら、メインバンクは変更するべきでしょう。

ただ、他の取引金融機関に説明もなしに行うと、「メインバンクさんとけんかでもしたのか」「メインバンクが引いてしまうような企業なのだろうか」と変に疑われるのも嫌なので、メインバンクになって欲しいと考えている金融機関の担当者に理由を説明して徐々に変更していくのがいいです。

なお、みなさんの会社がある都道府県に本店がある地方銀行や信用金庫をメインバンクにしましょう。県にもよりますけど、信用保証協会は地元の金融機関の方が審査は前向きになることがありますから。それに他県に本店がある金融機関ですと、撤退すると取引が不便になる可能性があるからです。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事