信用保証協会のデメリット

金融機関の立場としては、中小企業への融資は自行のリスクを回避するためにも、できることなら信用保証協会(以下、保証協会)の保証付き融資を勧めてきます。

ライバル行も全て保証協会付き融資なら、保証協会の利用を条件としてきます。

保証協会の利用はメリットがあります。例えば、創業したばかりや小規模事業者は信用力が低いので、それを補完してくれます。また、業績悪化によりリスケジュールをする場合も、保証協会を利用しているとすべての金融機関の同意を得やすいといえます。

しかし、デメリットもあります。

例えば保証料の負担です。そのおかげでスムーズに資金調達できるならやむを得ないだろうと考える経営者は多いですが、やはり負担は少なくありません。

すべての金融機関が保証協会を利用となると、申し込みは企業の本店所在地がある保証協会に保証を求めることになります。

それはつまり、どれだけたくさんの金融機関と付き合っていたとしても、結局は保証協会に行くことになるので、保証協会が企業の命運を握っていることになるのです。保証協会に睨まれたら資金繰りへの影響は大きいということです。

それに保証協会付き融資のみの対応をしていた金融機関は、保証協会がダメとなった時にリスクを犯してまでプロパー融資で対応してくれるかと言うと、その可能性は低いと言わざるを得ません。

保証協会の利用には限度額があります。昨年、知り合い企業は保証協会のみの対応で枠がいっぱいになってしまったがために保証協会から保証を得られず、しかも金融機関もプロパー融資に消極的で倒産してしまいました。

そして一番のデメリットは、経営者が「保証協会は中小企業を支援する公的な保証機関だから、積極的に保証を行い、金融機関も融資を出しやすいだろう」と考え、経営改善の意欲が薄れることだと思います。

金融機関は、少なくとも80%(一部保証制度は100%)は回収できるわけですから、保証協会が保証を出せば融資が出やすいでしょう。それだと企業の経営に問題があったとしても、金融機関もあまり経営厳しいことは言ってこないでしょう。

もちろん、保証協会の利用がいけないわけではありません。しかし、過度な依存は避けましょうということです。

プロパー融資が受けられれば資金調達に必要な支出を減らすことができます。また、保証協会に自社の命運を握られないようにもできます。

それに保証枠を温存する事ができますから、プロパー融資が難しい経営状況に陥っても資金調達の可能性は高いといえます

金融機関の信用を獲得してプロパー融資を受けるには、自社の経営を良くしていくことが必要ですから。経営者はそれを考え実行するようになります。

だからこそプロパー融資を目指してほしいのです。

それに、そもそも保証協会に依存した融資しか実行してくれないというのは、金融機関が企業を信用していない、本気で付き合ってくれていないということでもあるのです。

「うちの財務内容はまあまあいいと思うのだけど」と思っている経営者さん、ぜひ自社の経営のためにも保証協会の依存から脱却してみませんか。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事