売上増加は資金繰りが苦しくなる原因

企業分析

経営が苦しい企業なら少しでも売上を増やしたいでしょうし、そうでない企業であっても今期は前期よりも売上を伸ばしたいと考える経営者は多いと思います。

売上が増加すれば利益も増え、その結果として資金繰りも楽になると思うでしょう。

しかし、必ずしもそうではありません。

売上増加は資金繰りを苦しくします

現金商売をしている企業なら、売上発生とともに現金で回収できますから、売上が増加すれば資金繰りは楽になります。

ただ、多くの企業が掛取引をしています。その場合、掛売りによる影響で資金繰りは苦しくなるのです。

掛売りによる売上増加は、それだけ売掛金や受取手形の増加につながります。それらは数か月後には入金されるでしょう。しかし、入金までの間に自社の人件費等の経費支払や、仕入資金の支払いが通常は先に発生します。

さらに、売上増加に伴い在庫も多く保有しておく必要があります。同時に仕入や外注費の未払である買掛金も増えることになります。

企業が必要とする運転資金は次の計算式で求めることができます。

運転資金=売上債権(受取手形、売掛金)+棚卸資産(商品、製品等)-仕入債務(支払手形、買掛金)

または

運転資金=月商×(売上債権回転期間+棚卸資産回転期間-仕入債務回転期間)

仮に月商がこれまで平均すると1,000万円とします。そして、売上債権回転期間(売上債権が月商の何か月分あるか)は2か月、棚卸資産回転期間(棚卸資産が月商の何か月分あるか)は1カ月、仕入債務回転期間(仕入債務が月商の何か月分あるか)を1カ月とします。※各回転期間について詳しくは当社HP「財務分析」を参照してください。

この場合、運転資金は2,000万円と求めることができます。

運転資金=1,000万円×(2ヶ月+1ヶ月-1ヶ月)=2,000万円

そして営業活動を頑張った結果、平均月商は2,000万円になったとします。

その場合の運転資金額は、2,000万円×(2ヶ月+1ヶ月-1ヶ月)=4,000万円となります。

4,000万円の資金を自社が立て替えているといえますから、それだけ資金繰りが苦しくなります。自社の資金だけでは苦しい企業も出てくるでしょう。

黒字倒産なんかにならないよう、資金繰り対策も準備しておかなければなりません。

資金繰り表

金融機関は運転資金に対する融資は前向き

金融機関はこの運転資金に対する融資には前向きです。

そして、売上増加なら前向きな資金需要が発生しているのですから、金融機関も対応しやすいのです。

ただし、例えば業界は縮小傾向にあるのに売上が好調だとしたら、金融機関としては売上の架空計上、あるいは無理な販売をしているのでは、と疑うことがあります。

また、売上債権や棚卸資産の中に資産価値の無い物はありませんか。回収不能の売掛金や不良在庫がないかも気にするポイントです。もしあれば、先ほど計算した運転資金から減額されることになります。

どんなに良い融資案件であっても、金融機関は積極的に対応するのと同時に、疑いの目も持っていることに注意が必要でしょう。

銀行や税理士事務所等で勤務した経験を活かし、経営者の右腕・参謀として資金繰りや経営改善、銀行取引についてご支援します。相談できるコンサルタントや専門家がいなければいつでも連絡してください。

プロフィール

関連記事