バンクミーティング

バンクミーティングとは

バンクミーティングとは、特定の日時、場所に、融資取引のあるすべての金融機関に集まってもらい、自社の現状と今後の見通しや支援して欲しい内容の説明、そしてそれらについて合意を得るために行なわれる会議です。

業績が悪化して金融機関への返済が苦しくなりリスケジュール等の金融支援を得るために、バンクミーティングで経営改善計画書の内容を説明し同意してもらうわけです。

複数の金融機関に1つ1つ支援をお願いするようでは、非常に手間がかかってしまいます。あるいは複数の金融機関がそれぞれの主張を繰り返し、なかなか合意に至らないような場合もあるでしょう。そのようなケースでしたら、バンクミーティングを開催した方がいいと思います。

例えば、

A銀行:B銀行は信用保証協会付きで融資全額がフルカバーされている。当行は大部分がプロパー融資でやっているのだから、融資残高割合で返済額をシェアするのは納得いかない。

B銀行:C銀行は9月まで返済してもらっているようだが、当行は8月から返済が滞っている。今後の話をする前に、まずはこれを何とかしてもらわないと。

C銀行:A銀行はプロパーが中心とはいえ、今まで3%台の金利で儲けている。当行は1%台だ。その辺も勘案して返済計画を作ってもらわないと。

D銀行:うちは融資残高全体の5%しかないのだから、メイン行に肩代りしてもらいたい。

こんな感じで意見がまとまらず、各銀行を一つ一つ回っていたら、自社を再生するために使う時間も体力も無くなってきます。

そんな場合はバンクミーティングを開催して解決を図ったほうがいいのです。

金融機関ごとの対応が異なり過ぎる、あるいはかなり規模の大きい企業の時に行なうことが多いでしょうが、それだけでなく次のようなメリットがあるため実施されることがあります。

経営改善計画書

バンクミーティングのメリット

1、金融機関との交渉がそれほどこじれていないにしても、企業側からすると、取引数が多い場合、1つ1つ訪問するよりも、バンクミーティングの方が手間も省けて効率的です。

2、金融機関の立場からすると、企業の情報を共有できますし、メイン行を中心に他行も自行と同様に支援方針なのかを確認する事ができます。

3、金融機関というのは非常に他人の目を意識します。先ほどのケースのように、各行それぞれと話している時は強気な発言や態度を取っていても、他行の担当者がいる席になると、そこまで強気な対応にはならない事が多いものです。

たとえどこかの銀行が「当行はもう支援はしない。担保不動産は競売する」と発言しても、自社に協力的な銀行が「当行はこれからも支援していきますから、御行も協力してください」と言われると、強気な姿勢が落ち着くことも多いものです。

金融機関はどこに着目している?

金融機関が気にするのは、返済が再開されていくのか、そして他行と比べ不平等な内容になっていないかです。

今後どのように業績を回復させて返済可能な状態まで回復させるのか、そして毎月いくら返済してくれるかが重要です。そして、今後の返済計画に少なくとも当行は他行よりも損をしていないか、不平等な内容になっていないかに着目します。

したがって、支援に消極的な銀行がある場合は、協力的な銀行とバンクミーティングの前に対策をしっかりと考えておきましょう。

自社の将来性を中心に説明を

経営改善を実行するにしても、直ちに業績がV字回復することは珍しいでしょう。計画書を見て、こんな事態に至った原因の責任や、返済額が少ない等、厳しい事を言われるかもしれません。

しかし、過去や現在の説明も必要ですが、今後の自社の将来について多くの時間を使って説明しましょう。1時間からどんなに長くても2時間程度です。限られた時間を使って、「いま当社を潰してもほとんど回収できない、だったらこれから業績を回復させるから協力して欲しい」と訴えるのです。

当社も顧問先のためにバンクミーティングをやったことがあります。全取引金融機関から支援を取り付けてはいたのですが、信用保証協会がどうしてもやって欲しいというので、やらないわけにもいかずやりました。

メリットにも書いたように、取引銀行の数が多いのでしたら、やった方がメリットはあるかと思います。しかし、既に各行からの合意が得られているのであれば、わざわざやる必要はありません。メインバンクからの支援方針が得られれば、他行もそれに追随することが多いでしょう。

銀行や税理士事務所等で勤務した経験を活かし、経営者の右腕・参謀として資金繰りや経営改善、銀行取引についてご支援します。相談できるコンサルタントや専門家がいなければいつでも連絡してください。

プロフィール

関連記事