経営セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは
「セカンドオピニオン」は、医療の世界ではよく聞かれるようになったと思いますし、皆さんも一度は聞いたことがあるでしょう。

セカンドオピニオンについて、慶應義塾大学病院のホームページでは次のように説明されています。
「セカンドオピニオンとは病気やけがの治療を受ける方が、納得・安心してより良い治療法を選択するため、病気や治療法の理解を深めるため、主治医以外の専門医に意見を求めることをいいます」
慶應義塾大学病院セカンドオピニオン外来のご案内より

このセカンドオピニオンですが、中小企業の経営でもぜひ検討して頂きたいと思います。

企業経営というのも人間と一緒で、健康な時(経営が順調な時」とそうでない時があります。むしろ病気やあまり体調が良くないことの方が多いかもしれません。

中小企業の場合、経営に関する様々な問題や悩みについて、相談できる専門家はかなり限られていると思います。中小企業なら顧問税理士ぐらいで、経営の専門家と顧問契約を結んでいる企業は少ないでしょう。

これまでたくさんの税理士とお会いしてきましたが、尊敬できるような税理士もいれば、申告書作成以外は得意でない方もいます。もし、自社には相談できる専門家・アドバイザーがいないという場合は、ぜひ利用を検討してください。

銀行員時代から含め20年以上、中小企業の資金繰りや経営改善のお手伝いをしてきた経験で、中小企業経営のサポートをしていきます。



こんな場合はセカンドオピニオンの利用を

・顧問税理士は申告書作成だけで、経営相談は応じてくれない(頼りにならない)
・多くのアドバイスの中から、より最適な解決策を自分で選択したい
・今付き合っている専門家は偉そうな態度で相談がしづらい
・そもそも相談できる専門家がいない

このようなお悩みを持つ経営者様には、セカンドオピニオンの存在は非常に役に立ちます。

全国対応です
このサービスについては対象地域を設けず全国対応としております。

 

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめ記事

  1. ブログ

    金融検査マニュアル廃止
  2. ブログ

    源泉所得税の納付
  3. ブログ

    バンクミーティング
  4. ブログ

    経営問題の原因と改善策を一緒に考えませんか?
  5. 起業(創業)

    営業が苦手なら起業しないほうがいい
PAGE TOP