金融機関との融資取引サポート

■金融機関への定期的な経営報告を

中小企業の多くは金融機関と融資取引をしています。それは機械装置や車両運搬具などの設備購入、商品や原材料の購入、諸経費支払いのために資金が必要なわけですが、自己資金だけでは足りない中小企業が多いからです。

資金繰りを安定させるためには経営改善努力も必要ですが、金融機関との日々の付き合い方を無視するわけにはいきません。

金融機関に関心を持ってもらい、融資を提案してもらえるようになるには、経営で結果を出すことがまず考えられます。決算書が例えば、営業利益や経常利益がプラス、現預金に余裕がある、純資産(自己資本)がプラス等です。財務分析なら収益力や返済能力そして安全性が高い企業です。

しかし、経営は常に順調とは限りません。特に中小企業は経営基盤が脆弱ですから、ちょっとした外部環境の変化等により赤字になりやすいですし、回復するにも時間がかかることが多いでしょう。

経営が悪化すると粉飾決算をしたり、決算書の提出や経営報告が嫌になってしまい、金融機関とのお付き合いが疎遠になっていく中小企業が多いようです。しかし、それでは金融機関からの支援に影響を与える可能性があります。経営者として決算書を良くしていく努力は必要ですが、定期的な経営報告を行い情報開示をしていくことが大切です。

金融機関も順調な時もあればそうでない時もあるのは理解しています。そんな時は悪い結果を踏まえて、これからどうしていくのか、その計画作成やその後の進捗状況が知りたいのです。

例えば毎月あるいは3か月ごとに、試算表や資金繰り表を使って先月までの結果や今後の見通しを説明する、期首に経営計画書を作成して今期の数値目標や実現達成に必要な施策を説明する等です。

そのような付き合い方は短期的には効果が表れにくいかもしれません。しかし、長期的に見ればこのような取り組みは効果が出てくるのです。

■次のような悩みを抱えた中小企業におすすめ

しかし、経営計画書、試算表、資金繰り表等が必要といっても作成ができない(難しい)中小企業も多いと思います。それに金融機関との交渉はもっと苦手という経営者もいらっしゃるでしょう。そこで当社ではそんなお悩みを抱えた中小企業経営者様のサポートを行っています。

  1. 金融機関との関係改善を目指したい
  2. 自社の経営報告や融資交渉は苦手だ
  3. 融資を受けている金融機関とは日頃付き合いがない
  4. 金融機関とは良好な関係ができず困っている
  5. 金融機関からはあまり連絡はないし来てもくれない
  6. 融資あるいは金融機関への報告に必要な書類がすぐに用意できない
  7. 資金繰りにはいつも悩んでいる

このようなお悩みをお持ちの経営者様に対して、資金繰り表やその他必要な経営資料作成支援、金融機関への経営状況の報告等を顧問先企業と一緒に行っていきます。なお、当社は経営コンサルタント会社であり弁護士事務所ではありません。そのため、融資やリスケジュール等の交渉を代行することは法律上できませんので、資料作成の支援、報告や交渉の補助を行うものとお考えください。

■サービス内容と利用メリット

このサービスをご利用いただくことで次のメリットが考えられます。
・自社の経営資料を作成できる
・定期的な報告が可能となる
・金融機関との関係改善が期待できる
・金融機関は金融支援(新規融資やリスケジュール)が行いやすくなる
・資金繰り改善にもつながる

■月額報酬とその他

どこまでお手伝いするかによって報酬は大きく異なります。また、経営状況や金融機関との関係にもよりますが、一応の目安として月額55,000円以上となります。

当社ではどのサービスも、長期にわたっての経営や経理のご支援を原則としています。このサービスは金融機関との取引のサポートが目的ですから、長期間のご支援とさせていただきます。

このサービスに興味がある経営者様・経理責任者様は、当社ホームページにある「お問い合わせフォーム」、あるいはお電話「047-379-9508」にてご連絡ください。

 

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    融資が出ない理由は必ず確認
  2. 資金繰り

    リスケジュールのタイミング
  3. 銀行融資

    債務超過には冷たい銀行
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    今月の祝日相談について
  5. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    2018年(平成30年)夏季休暇のお知らせ
PAGE TOP