銀行融資

担当者の熱意

2017-03-23

銀行の本支店では多くの融資案件が日々発生しています。融資先を直接担当する銀行員は自分のお客様に少しでも資金繰りで協力したいので、何とか融資をしたいと思っています。

しかし、銀行がぜひ融資をしたいと思う案件だけではありません。

業績が良好な融資先ばかりではありませんし、赤字である等の問題点を抱えた企業の案件もあります。むしろそっちの方が多いでしょう。

支店長は「この融資案件、やっていいのだろうか?」と悩むことがあります。

そんな時、担当者が熱意を持って取り組んでいるかが意外と重要になってくることがあります。

支店長は確かに支店内で一番の権限を持っています。しかし、だからといって部下の意見を無視して融資をしたり、否決をしたりすることは原則ありません。

本気で案件を通したいと思っている担当者は、社長から問題点や改善策等いろいろヒアリングをしていますし、財務内容もしっかりと調べています。

そんな担当者なら、支店長が気になる件を質問してもしっかり説明できますから承認しやすくなります。

融資を受けやすくするためには、支店長との特殊な関係が大切だと思っている経営者がいますけど、担当者との関係は大切ですよ。それに支店長は稟議書を作成しません、担当者です。その担当者を味方に付けることが上手な融資の受け方には必要です。

自社の事を質問してきた、書類の提出をお願いしてきたら、それは自社に興味を持っている、融資をしたいと思っているということです。

面倒臭いなとは思わないで、担当者が支店長や本部の審査部から承認をもらうためには、ぜひ積極的に協力をしてあげましょう。

中には融資の経験が浅くて、何度も同じことを聞いてきたり、後になって追加書類を求めてきたりすることがあります。「最初に必要な書類は何か言って欲しい」と思うでしょうが、上司と交渉するためにもぜひ協力してあげて下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エム・エヌ・コンサル代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-銀行融資
-