退職代行

退職代行というのをご存知でしょうか。

若い方の多くは知っているようですが、中高年だと知らない方も多いようです。

その名のとおり、本人に代わって会社との退職手続きを行ってくれます。費用は3万~5万円程度とのこと。

依頼すればすべて退職代行会社が対応してくれるので、明日から会社に行かなくていいし、本人が上司に退職の意思を伝える必要もない、直ちに会社から解放されるので若い人にはかなり需要があります。

実は顧問先でこれを利用して退職した従業員さんがいたと教えてくれました。

前日まで普通に働いていたそうですが、退職代行会社から電話があり「当社が窓口になりますので、〇〇さんには一切連絡しないでください」と言ってきたということでした。

顧問先の社長は「直接自分で言って欲しかった」とちょっと落ち込んでいましたし、私も自分で言えばいいのにと思いました。

でも、自分の経験を思い返してみると、私も銀行を退職するとき、退職日を引き延ばしてきたり、私の意思が固いと知った途端にかなり酷いことを言ってきたりしましたから、そういうのを考えると利用する人の気持ちも理解はできますけどね。

皆さんの会社にもそんな代行業者からの連絡が突然来るかもしれません。

従業員が退職したいと申し出てきたら、気持ちよく退職してもらった方が良いともいます。嫌がらせをするとか、酷いことを言ったりするのはやめましょう。なぜなら、業種によっては将来のお客さんになる可能性もありますし、悪い口コミが広がらないようにするためです。だから、どんなに使えない従業員だったとしても、「今まで一緒に仕事してくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝える方が良いと私は思います。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事