中小企業経営

「○○しなければならない」を捨ててみる

2017-01-05

私たちは子供の頃から「約束は守らなければならない」と躾けられて育ってきます。

しかも、日本人は真面目な人が多いですから、ほとんどの経営者は、金融機関への返済は期日通りにしなければならない、税金や社会保険料は期日までに支払わなければならない、仕入先や外注先への支払いは約束の日までにしなければならない、ノルマを達成しなければならない等と考えます。

事業を継続するには信用が大切ですから、普段は「○○しなければならない」で良いと思いますし、そうでなければならないでしょう。

しかし、常に経営が順調とは限りません。むしろ、ずっと順調であることの方が稀でし、ひどい場合は、「○○しなければならない」ができないような状況にまで追い込まれることもあります。

そのような時に無理をしても上手くいくものではありません。無理をし続けて、高金利での借入に手を出してしまい資金繰りが悪化してしまう、最悪の場合は経営者が自殺をしてしまうこともあります。

「○○しなければならない」という考えに縛られて突き進むことは、かえって不幸な結果になってしまったり、事業の再生が難しくなったりすることもあります。

そんな時、真面目な経営者さんは「○○しなければならない」という考え方を一度捨ててみましょう。

・銀行への返済が難しいので、リスケさせてもらおう
・税金の支払いは避けられないし、(延滞税は高いけど)少し待ってもらおう
・仕入先への支払いを少し待ってもらおう(あるいは分割での支払いにさせてもらおう)
・ノルマが達成できないときもある

仕入先等取引先に対しては難しい場合が多いかもしれませんし、できるとしてもお願いできる先が限られるかもしれませんが、少なくとも金融機関や税務署等には相談しましょう。

このままでは経営が行き詰ってしまうという状況に追い込まれたときは、このように考え方を変えることも必要だと思います。

ただし突然、支払・返済をストップするのは相手に迷惑をかけてしまいます。できるだけ早めに相手には話をしましょう。

そのためにも、資金繰りが苦しい時には、資金繰りの管理はしっかりやりましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-中小企業経営
-