相談しづらい専門家

士業や経営コンサルタントの一部には、自分たちを先生だと思い込んでいる方がいます。

最近はあまり聞かなくなってきたと思っていたのですが、先日「相談しづらいんです」というお話を聞きました。

当社にご相談がありいろいろ話を聞いていくうちに、「今お付き合いされている税理士(あるいは経営コンサルタント)に直接相談したほうがいいのではないか」と思ったのです。それにその企業のことを長年見ているのだからということで、「お付き合いされている専門家のほうがいいのでは」と申し上げると「相談しづらいのです」とおっしゃいます。

その理由を聞くと、「偉そうで、気難しくて」ということでした。

「じゃ、何のためにお金払っているの?」と思ってしまいます。

税理士に申告書の作成だけをお願いしていて、その分の報酬しか支払っていない、というのならそこまで求めるのは失礼かもしれませんが、毎月の顧問料を支払っていて相談しづらいというのはおかしいですね。

私が税理士事務所に勤めていた時の顧問先にもそういう方がいました。大切なことを私に相談せず実行してしまったので、「なぜ勝手にやってしまったのですか」と聞いてみると、「こんなつまらないこと質問したらご迷惑だから」と。

東京周辺では士業やコンサルタントが多いから競争があるけど、地方に行くと「経営指導してやっている」といった考えを持つ専門家に出会うケースが多い。そして、経営者側は「指導して頂いている」との考え方を植え付けられています。こんな専門家にお金を払って何のメリットがあるのでしょうか。

相談できなくて経営問題を解決せずにそのままにしたら、後で大きな問題に発展するかもしれません。どんな専門家と付き合おうが企業の自由ですけど、どうせお金を払うならもっと自社のためになってくれる専門家と付き合ったほうががいいですよ。

当社でも、山形県天童市、栃木県大田原市、千葉県御宿町の顧問先さんは、周辺にそういう人しかいなかったということで、お付き合いくださっています。ぜひ自社のためにも相談しやすい、自社のプラスとなる専門家と付き合いましょう。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事