リスクを取っても融資をする日本政策金融公庫

日本政策金融公庫(以下、公庫)は、株式の100%を政府が保有する金融機関です。そのため、中小企業の金融支援には積極的なところがあります。例えば創業融資はリスクの高い融資となりますが高い実績を誇りますし、起業するときの資金調達は公庫をイメージする方が多いでしょう。

創業時だけではありません。民間金融機関が取り扱いにくい融資案件に対しても、ただちに断るのではなく、経営者の相談をよく聞き、工場等も訪問して、そのうえで融資判断をしてくれることが多いと思います。

しかし、昔の国民生活金融公庫(国金)時代は、それとは逆の対応をする職員もいたようです。その頃を知っている経営者からは、国金から受けた冷たい対応を受けた体験談をよく聞きますし、確かに当社にも苦情みたいな相談がありました。今はそんなこと決してないのですが、そういう経営者さんに今の公庫の対応を話しても、信じてもらえない時があります。

公庫が中小企業への支援に熱心な対応をするから、民業圧迫との批判を受けているためでしょうか、ややリスクの高い企業にも今後の成長性を評価しての融資が出るようになっています。

リスケジュールでも、公庫は基本的に民間金融機関に歩調を合わせて支援してくれることがほとんどです。

ただ、決して公庫の審査が甘いというわけではありません。現在の経営が悪化しているのなら、自社の事業性を評価してもらえるよう、成長可能性や返済には問題がない事を説明することと資料が必要です。

このようなこともありますから、ぜひ公庫も取引金融機関の一つに入れて欲しいですね。

自社の決算書はダメだけど、今後の成長性をもっと見て欲しいというのなら、公庫に相談することも一つの選択肢です。

それに、公庫からの資金調達が他の金融機関を刺激する効果があります。

金融機関は他行の動きに敏感ですから、公庫が新規で融資を出したとなると、それに応じて自分たちも前向きに動くことは珍しくないのです。

最近お付き合いが始まった顧問先が、公庫に初めて融資を申し込みました。決算書を拝見すると見た目は悪くないけど、借入金残高は多いし、過去に数字をいろいろ調整しているのが明らかでした。それに現在は本業での売上が大幅に減少し、新しい事業がこれから成長してくるという段階です。そのため、メイン行をはじめすべての取引銀行は、新たな融資を出したくないのが明らかでした。

そこで公庫に新たに導入した機械の生産能力、今後の生産と売上の見通しを詳細に説明したところ希望額が融資されました。そして、それを見たメイン行は急に態度を変えて融資をしてきたのです。

中小企業も金融機関からのプロパー融資を受けられるような経営を目指すべきです。しかし、調子の悪い時は信用保証協会や公庫の支援を依頼しなければならない時もあります。信用保証協会と同じように公庫との良好な関係は、今後の資金繰りにもプラスに影響するでしょう。

銀行や税理士事務所等で勤務した経験を活かし、経営者の右腕・参謀として資金繰りや経営改善、銀行取引についてご支援します。相談できるコンサルタントや専門家がいなければいつでも連絡してください。

プロフィール

関連記事