利益≠預金増

資金繰りで悩む経営者は、「資金繰りが苦しい。入金された売上金から仕入や諸経費支払い、返済を済ませると月末の預金残高はいつもほとんど残らない。もっと頑張って売上を伸ばせば利益も増えて、それに比例して預金残高も増えるだろう」、そう考えるのはごく自然なことかもしれません。

利益が出ても資金繰りは苦しい

しかし、「利益=預金増」とは限りません。原因はいろいろありますが、むしろそうはならない(利益≠預金増)ことがほとんどです。

どんなに利益が増えたとしても、売上増加に伴い多額の売掛債権は資金化されず、先行して材料や商品の支払いが発生すると資金繰りは厳しいものとなります。

ゆるやかに売上が増加するならいいものの、自社の体力を超えた売上増加はそれだけ先行して発生する支払額が大きくなります。それに対して金融機関が支援してくれれば問題ありませんけど、そうでなければ黒字倒産ということになりかねません。

今年、建設業関係の企業から相談がありました。自社の体力に見合わない規模の工事を受注、売上を獲得して喜んでいたものの、先行する材料や職人への支払いができずどうしたらいいのかという内容です。その理由というのが、金融機関から支援を打ち切られつつあるので、信用を回復したいからと今期は大幅な黒字決算を目指すためでした。しかし、融資はできないと金融機関から良い回答がもらえないでいたのです。

よくリスケジュール中で新たな融資が難しいと言われている企業が、業績改善のために金額の大きな仕事を受注し売上を伸ばそうとします。しかし、資金繰りも考えた方がいいです。

当社で建設関係の仕事をされているリスケ中の顧問先は、初めから金融機関からの融資を期待しない資金繰りをしているのでそういう大型工事は受けません。それに大規模は利益率が低いし工期も長いですから。規模は小さくても利益率が高くかつ工期が短いものを多く獲得し、収益力の改善と資金繰り改善を図っています。過去に金融機関と問題があったものの、借入金の返済ばかりしているので、むしろ借りてくださいとお願いされています。

入金が先で支払いが後なら売上が急増してもかまいません。そういう立場で交渉できる企業を目指す必要はあります。しかし、現実にはそういう企業は少ないです。だからこそ資金繰りの見通しをしっかり管理する必要があるのです。

回収や支払い条件に変化がなければ、売上が増加すると売掛債権や棚卸資産も増加し、資金繰りが苦しくなるので注意してください。

自社の資金繰り管理にも力を入れて経営の安定を図っていきましょう。

返済が負担になっていませんか

また、仮に利益=預金増だったとしても、金融機関への返済がそれ以上であれば資金繰りは苦しくなります。

一般的に中小企業は借入金が多く、売上に占める利益率は大企業よりも低いため、返済能力を上回る返済額になっていることがよくあります。

設備資金なら耐用年数に応じた返済期間に、運転資金なら毎月の資金繰りに負担とならないよう長期での返済で対応してもらい、「返済額>返済可能額」なら定期的に返済分を調達しましょう。

運転資金でも正常運転資金に対応する融資は、短期継続融資などで対応してもらえないか金融機関に相談してください。手形貸付等で3カ月から1年の返済期間を設定し、利息だけ支払い期日一括返済というものです。そして、業況に大きな変化がなければ同額で書換継続するという融資です。毎月の返済がないため資金繰り改善につながります。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事