リスケジュール依頼時、金融機関からの要求は断る

リスケジュール(リスケ)を金融機関に依頼するのは企業側なので、経営者が金融機関にお願いする立場になります。

資金繰りが厳しくこれ以上返済を続ければ他の支払いが滞ってしまう、かといって新たな融資がまったく期待できないのであれば、リスケをお願いするしかありません。

リスケを依頼するのは資金繰りが苦しいからですが、そもそも業績が悪化していることでしょう。金融機関の立場に立てば、「経営悪化により資金繰りが不安定になっている、今後の返済が困難になってしまうのでは?」となります。

したがって、リスクの高い融資になるわけですから、それに応じた対応を求めてくることが考えられます。

よくあるのは金利引上げです。もし不動産などがあれば追加の担保を要求されることもあります。

「うちが困って頭を下げているのに、金利引上げだなんてなんて冷たい奴だ」と頭に来るかもしれませんが、金融機関にも立場があります。リスケによって返済が進まず、融資した資金の回収リスクが上昇するわけですから、そのリスク分を金利に上乗せするのは当然なのです。

しかし、これから経営を立て直そうという時に、余計な支出が増えるのは回避したいですね。当たり前の対応ですが、「今経営が苦しく経営を立て直そうという時にそれはやめてほしい」と伝えましょう。

とはいっても金融機関もそう言われて「はいわかりました」とはならないでしょう。どこかで折り合いを付けなければならないとしても、すぐに相手の要求に応じることは避けてください。

そして、書類を提出してこちらの要望を伝えましょう。具体的には経営改善計画書です。

「今はリスケをお願いする経営内容ではありますが、これからの経営改善によって業績は改善され、今後の返済は正常に戻っていきます」という計画内容を作成し提出するのです。当然、実現可能性の高い内容でなければなりません。

それによって融資した資金の回収に問題はないと説明するのです。無理に金利引上げを要求せず、経営改善を支えた方が自分たちにもメリットはあると納得してもらえるようにしましょう。

なお、リスケを依頼するとき元金返済は0円にしてください。「少しは返済してください」と言われても「ご迷惑をおかけしてはいけませんし、経営改善に集中したいのでお願いします」と強く依頼してください。

取引金融機関が複数ある場合、必ずメインバンクから相談してください。そうしないと必ず「メインのA銀行さんはどうおっしゃっていますか」と質問を受けます。最初にメインバンクからの支援を取り付けていることを説明すれば、通常は「メインさんと一緒に協力します」との回答が得られるでしょう。

一部の金融機関からいい返事がすぐにもらえないこともあるかもしれません。それでもメインバンクを中心に協力金融機関を増やすことで、最終的には協力を得られるかと思います。そのためにも、経営が悪化して新規融資が困難になったら早めにリスケが必要ですし、支援を受けられるだけのレベルに達した経営改善計画書の作成が必須となります。

資金繰りが苦しくリスケを考えているなら、こちらのページもご覧になってください。

銀行や税理士事務所等で勤務した経験を活かし、経営者の右腕・参謀として資金繰りや経営改善、銀行取引についてご支援します。相談できるコンサルタントや専門家がいなければいつでも連絡してください。

プロフィール

関連記事