銀行融資

融資が必要になった原因

2021-05-24

金融機関に融資を申し込めば、なぜ資金が必要となったのか資金使途を確認されます。

資金使途は簡単には「資金が不足した(不足しそう)」「設備購入や仕入先への支払いがある」ということでしょう。個人的な資金使途は論外ですが、事業のためであれば、結果はどうであれ融資の申込みには応じてくれるでしょう。

事業資金で困ったことが発生しても、融資を受けることで解消します。しかし、それで問題解決としていないでしょうか。

「なぜそうなったのか」を考えたことはありますか。

例えばいつも資金繰りが苦しいのなら、「赤字だから」「返済額が負担」など原因は見つかると思います。そうしたら、これからそうならない経営を考えて行きましょう。

赤字を黒字にするには固定費の削減、営業活動の強化など多くの改善策が見つかるでしょう。

返済額が負担になっているのなら、毎月の返済が軽減されるよう返済期間を長期にしてもらう、正常運転資金には短期継続融資で対応してもらう等が考えられます。

売上代金回収は仕入支払いよりも後になる中小企業が多いと思います。売上が増加するほど先行して支払う金額は大きくなりますから、資金調達が必要になりますし、金融機関も積極的に対応してくれるでしょう。

しかし、取引先との入金や支払いの条件も交渉する、それが難しくても新規取引先とは交渉できます。条件の見直しは確かに難しいかもしれませんが、見直しに成功している当社顧問先はあります。

このように資金需要が発生したら、金融機関から資金調達するだけでなく原因を解決していき、なるべく金融機関の世話にならない経営を目指しましょう。

さすがに「高額な設備を全額自己資金で購入する」「すべての仕入先に対して売上代金入金後に支払う」、そこまでは現実的ではないし困難だと思います。しかし、金融機関との交渉により資金繰り改善に好条件の融資を受ける、経営改善を実行して赤字を黒字にする、それならできないことはありません。

金融機関から資金調達するなという意味ではありません。ただ、金融機関の世話にならないことを目指すと経営は良くしていきますし、その結果としてより良い融資条件を引き出すことができる企業になっていくのです。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-銀行融資
-