プロパー融資

金融機関の融資には2つの分け方があります。

1つがプロパー融資、そしてもう一つが保証協会付き融資です。

プロパー融資とは、信用保証協会の保証を付けず、金融機関が100%リスクを負って融資をするものです。

プロパー融資は不動産担保や経営者保証等を徴求することにしても、保証協会付き融資よりもリスクは高くなります。そのため、融資審査はそれだけ厳しくなります。プロパー融資により資金調達ができる企業というのは、それだけ金融機関からの評価は高いといえるでしょう。

小規模企業や業歴が浅いため信用面で不安がある場合、金融機関はプロパー融資よりも保証協会付き融資をすすめてくることが多いです。

最近は財務データ、担保や保証に過度に依存しない融資の推進が金融機関には求められています。そのため、決算書の内容にやや問題があっても、企業の将来性を評価してプロパー融資を受けられるケースは増えてきましたが、まだ難しいほうが多いと思います。

まずは保証協会付き融資で金融機関と付き合い、そこから実績を重ねていけばプロパー融資の対象となってきます。

ピックアップ記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

おすすめ記事

  1. ブログ

    融資の返事が遅い場合の対応について
  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    2017年(平成29年)夏季休暇のお知らせ
  3. ブログ

    4月からのセーフティネット保証5号の指定業種について
  4. ブログ

    顧問先に金融機関を紹介しました
  5. ブログ

    機械設備・車両等の導入を検討されている千葉県の経営者さんへ
PAGE TOP