損益計算書がきれいでも

決算が近くなってくると、「うちの会社、今期は黒字なのかな、赤字なのかな」と、経営者なら誰もが気になりますね。金融機関から思う様に資金調達ができない、担当者との関係が疎遠になってきた、そんな企業の経営者なら特に気になるはずです。

決算書を作成している段階で赤字になることが判明したとします。粉飾はやるべきではありませんが、仮に何らかの利益調整を行い、損益計算書を黒字にしたとしましょう。

すると経営者のほとんどが損益計算書にばかり目を向けます。そこが黒字かどうかだけにしか関心を持たない方がほとんどなのです。

決算書には貸借対照表もありますが、期末時点での財政状態を示すこの貸借対照表を苦手とする経営者が多い。

損益計算書は売上から経費を引いた残りが黒字と分かりやすいし、黒字が続けば経営は問題ないだろうと考えるのです。

利益調整をする方法として、例えば次のような方法がありますが問題点もあります。

・売上を架空計上する→売掛金の過大計上
・在庫を水増しする→棚卸資産の過大計上
・減価償却費の未計上→固定資産が実際よりも多く計上
・諸経費を未計上→現金や貸付金などの資産が増加

これらの方法を駆使して損益計算書はきれいになっても、貸借対照表は価値の無い資産が多く計上され、汚くなってしまうのです。粉飾は金融機関を騙す行為でありますが、貸借対照表が実態を表していない状態にもなってしまう問題点があります。

金融機関は損益計算書だけを見ているわけではありません。貸借対照表も重要です。

損益計算書を黒字にすることばかりを意識したアドバイスをする方がいます。最近出会った方は、本来、経費として処理するべきものを資産に計上して、その後償却していくことを提案していましたが、こういうのはあまり勧められるものではありません。

減価償却費の未計上もそうですね。特に事業が拡大期にある企業は多額の設備投資を行うことがあります。企業のほとんどが定率法を使って減価償却をしますから、設備投資直後は多額の減価償却費によって赤字決算になることがあります。

それが原因であっても赤字決算はよくないと、計上額を見直すようアドバイスするのです。でもそれで黒字にしてもあまり意味がありません。

それに多額の減価償却費が原因で赤字でも、キャッシュフロー計算書の営業キャッシュフローはプラスになっていれば返済能力はあると考えられます。

金融機関は返済能力があるかどうかを重視します。損益計算書や貸借対照表だけでなく、キャッシュフロー計算書を作成して返済能力の確認と、金融機関への説明をしていきましょう。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事