銀行融資

書類を提出するメリット

2021-06-08

金融機関とお付き合いされていれば決算書は提出されるでしょう。融資が必要な時には試算表も提出するでしょう。

それ以外に、資金繰り表、経営計画書、借入金一覧表なども提出したい書類ですが、そこまでやっている中小企業はかなり少数ではないでしょうか。

顧問先にはできる限り自社の情報を提供しましょうと申し上げています。面談相談に来られた経営者さんにもです。

何となくいろいろな社内情報を提供するのは抵抗があると感じる方もいるでしょう。しかし、銀行融資では非常に重要なことです。

それは次の理由からです。

1,稟議書作成の材料になる
担当者としては少ない情報よりも多い方が稟議書は書きやすくなります。自社に不利となる内容であっても、積極的な担当者は悪い材料をうまく利用して稟議書を書きます。材料はあればあるほど有利です。それにどの企業にも問題点はあります。むしろそれをオープンにして、これからどう取り組んでいくのかが重要ですし、それを実行している企業をプラスに評価します。

資金繰り表や経営計画書には、今後の見通しが書かれていると思います。できるだけ精度の高い数値計画が理想的ですが、あまり悩んで作成できないのであれば、まずは完成させて担当者に見てもらうのでもいいでしょう。

2,他社より有利

中小企業、特に小規模企業では、企業から金融機関へ自主的に書類を出すことは稀です。だからこそ出さないよりもそれだけで他社よりプラス評価となります。特に経営計画書なんて出している企業は少ないですから。

3,取り組んでもらいやすい
稟議書作成の材料が多ければ書きやすいだけでなく、他社よりも早めに取り組んでもらいやすいでしょう。申し込み順ではありあせんから、やりやすいのから手を付けたくなるのは当然です。担当者も忙しいでしょうから手間がかかるのは後回し、やりやすいのから取り組もうとなります。

4,言葉より伝わりやすい
「書類作成なんて面倒くさいし窓口で説明すればいいだろう。金融機関で勤めるぐらいだから、みんな頭いいだろうし」とおっしゃる方はいます。

言いたいことは分かるのですが、金融機関に勤めているからといって、言われたことをすべて覚えている人はいません。特に口頭での説明時、経営者は業界用語も含めて話す傾向がありますから、担当者は分かったようで分からないということに。上司への報告でもすべて伝えることができませんから、それが影響して審査に時間がかかったり、融資が否決されたりすることだけは避けなければなりません。

そんなことがないよう、同じ内容が書かれた書類も一緒に提出してください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-銀行融資
-