お役に立てないこともあります

黒字転換の見通しが立たない、あるいはこれまでの金融機関との付き合いに大きな問題があって、金融機関から完全に見捨てられている企業からのお問い合わせがあります。

どう頑張っても金融機関からは門前払いだし、応じてくれるにしてもリスケジュールだけで新たな資金を出してはくれません。

そしていくつもの公的機関、税理士、コンサルタントに相談し、どこからも「融資は出ない」「お手伝いは無理」と言われ続けて相談に来られる。

リスケジュールで資金流出を抑え徐々に手持ち資金を増やすことはできても、それではまとまった資金の調達には向いていません。

だから例えば建設業の場合、売上代金の入金前に多額の材料費や外注費支払が発生することはよくありますが、そういう場合にリスケジュールだけでは不十分なのです。

発注先がしっかりしており契約書も取り交わしている、それでも「もうおたくには当分の間、融資はしないから」と言われてしまい、取引のない近くの金融機関にも相談するけど、わざわざリスクのある企業に新規で手を差し伸べるところはありません。

そんな企業経営者からよく言われるのが「何か方法はないですか」です。

しかし、これまでの金融機関との付き合い方に大きな問題があれば、関係修復までに時間がかかります。新しい金融機関を探そうにも直ちに融資は難しいし、「何でうちに来たのだろう。取引銀行から断られ続けたのだろう」と考えてしまうでしょう。

取引金融機関から「では今後の見通しが良ければ考えてもいいですよ」と言われればチャンスなのですが、試算表で今期の経営が順調に推移していると説明しても、「現状どうであろうとおたくには融資しない」「しばらくは様子を見させてもらう」と頑なに拒否されるのです。

そこまでの関係になるほど大きな問題がある場合、金融機関としては支援ができないことはあり得ます。そうなれば残念ですが短期間ではどうしようもできないこともあります。

金融機関から完全に相手にされなければ、自己資金、知人や友人、ノンバンク、ファクタリングなどに限られてしまいます。でもそのような資金調達方法に強い拒否反応を示す方がいます。金利や手数料が高いですし、知人や友人には依頼しづらいでしょう。

(2社間)ファクタリングは手数料で利益を失ってしまう業種が多いでしょうから、むやみに手を出すことはやめたほうがいいです。しかし、ノンバンクは年利12%であったとしても仮に3カ月で確実に返済できるのなら、3%と金利もそれほど負担にはならないので、自社の利益率を考えながら検討してみるのもいいでしょう。

今まで銀行には真摯に対応しないことが原因で融資を断られているのに、すべての取引金融機関から断られてしまった、それでも多額の資金を金融機関からすぐに調達する必要があって「何か方法はないですか」と相談されても、当社ではお役に立てないこともあります。

銀行や税理士事務所等で勤務した経験を活かし、経営者の右腕・参謀として資金繰りや経営改善、銀行取引についてご支援します。相談できるコンサルタントや専門家がいなければいつでも連絡してください。

プロフィール

関連記事