お金の管理は他人任せにしない

普通の感覚を持った経営者には信じられないかもしれませんが、当社はお金や数字に関するコンサルタント会社であるため、たまにですが会社の通帳、カード、印鑑まで管理をお願いしてくる経営者がいます。

経理の仕事をやる社員がいないため、経営者が銀行に行って振込等をするような会社から、通帳や印鑑を預けるからすべてやってくれないかと依頼されたことがあるのです。

いくら資金繰りのコンサルタントをしているとしても、通帳や印鑑をお預かりすることは絶対にありません。しかし、約2年前だったでしょうか、東京都中央区のコンサルタント会社が、顧問契約を結んでいる会社の経理業務を実質的に支配して3億8千万円を横領し、経営者と公認会計士が逮捕されたという事件がありました。

その時の報道によると、会社の銀行口座や実印等を管理していたとありましたが、さらに被害を受けた会社の社長の実印も管理していたとありました。

経営者としては信頼していたのかもしれませんが、外部の人がいくら信用できたとしても、やはり通帳、印鑑を預けるべきではありません(当たり前なんですけどね)。

また社員であっても1人にすべてを任せるのは問題です。1人の経理担当者に任せていたら、長年にわたって多額のお金を横領されていたというニュースを、皆さんもテレビや新聞などで時々見ると思います。信頼できる社員であっても、現預金を社員1人で管理する環境は問題です。必ず複数の人で管理するようにしなければなりません。

小規模企業ですと、経営者の奥さんが経理を担当していることがよくあります。妻だからと安心してすべてを任せていたら、何年にもわたって会社のお金を自分の口座に移していたのを見つけたことがあります。そして、その妻は業績が傾いてきたタイミングで預金残高を0円にして、数年前から特別な関係にあった経営者の兄弟と共に行方をくらましてしまいました。

経営相談を受けると、時々ですが社員が横領していたという話を聞きます。

忙しいから、数字を見るのが苦手だからと、経理は完全に人任せという経営者さんが意外といます。しかし、会社のお金を横領される被害を未然に防ぐため、そして、自社の業績を数字でしっかり把握するためにも経理のことにも少しは目を向けるようにして下さい。

しかし、社員が不正に手を出してしまう環境を作ってしまう経営者にも問題があります。本業が忙しいからと言い訳はせず、通帳におかしな支払いや出金が無いかぐらいはチェックするようにしましょう。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事