俺がいるからこの会社は成り立っている

中小企業において時々あるのですが、「この会社は俺がいるから成り立っている」と言う経営者がいます。自分もそういえば言っていると思い当たる経営者さんいませんか。

そのような発言をされる経営者は、確かに営業力や技術力等において、非常に優れている方なのかもしれません。

経営者一人に依存するのはかなり問題

ただ、これが本当ならその企業はとても大きなリスクを抱えています。技術者や営業マンとしては一流であったとしても、経営者としてはかなり問題です。

なぜなら、本当に経営者一人の能力に大きく依存しているようでは、現在の経営者が万一、倒れてしまったら、企業はその時点で終了してしまうリスクが非常に高いといえるのです。

取引先からすると、そのような企業と取引をするのであれば、経営者に万一のことがあってもいいように、他社との取引を重視して備えておこうと考えるでしょう。金融機関も同じです。経営者の影響力が強く、しかも高齢である場合、融資審査にも影響を及ぶす可能性があります。

経営者の最も大切な仕事は、自分に何があっても全く支障のない仕組みを作る事です。そのためにも、後継者や社員をしっかり育てていく事に時間と労力を使わなければなりません。高齢の経営者であれば、後継者へスムーズなバトンタッチができるようにする必要もあります。

どんなに元気な経営者でもいつかは天国に行きます(地獄の方もいるでしょうが)。自分の代で終わらせるのならそれでもいいでしょうが、そうでないのでしたら自社の将来のためにも、「俺がいなくても、うちの会社は大丈夫」と言える経営を心掛けましょう。

従業員も一人に依存しない

これは従業員にも当てはまります。例えば中小企業においては、経理を担当する社員は一人だけということも多々あります。そんな時、突然退職したいと言われたらどうでしょうか。後任を選ぶ時間や引継ぎとすぐにはいかないこともあります。最悪の場合は支払いが遅れたり、決算業務に影響が出ることもあるでしょう。

営業や製造面でもそうです。売上や取引先が大きく減少したり、製造に支障をきたすかもしれません。

定期的に担当を替える等して、もし何があっても他の従業員が対応できるような人事を行いましょう。

銀行や税理士事務所等で勤務した経験を活かし、経営者の右腕・参謀として資金繰りや経営改善、銀行取引についてご支援します。相談できるコンサルタントや専門家がいなければいつでも連絡してください。

プロフィール

関連記事