その他

給料ファクタリング

2020-01-24

ファクタリングというと、売掛金が資金化される前にファクタリング会社へ売却することで資金を得る調達方法ですが、最近、給料ファクタリングというのを聞いたことがありませんか。

勤務先から支払われる給料は多くの場合、働いたらすぐにもらえるわけではありません。20日締めの25日払い、月末締めの翌月15日払いなど企業によって様々です。もっと待たせる企業もあります。

生活にゆとりがない社員ですとそれまで待てないこともあるでしょう。

でも信用情報に傷があって借りられないなどの理由から、ネットで検索したら給与ファクタリングを見つける方が増えているようです。

勤務先に対して有している給料債権を買い取ることで、支払日よりも前に現金を手にすることができます。

それは生活に余裕がない社員にとって魅力的に感じますけど買取手数料が高いのです。

そして、闇金みたいな組織が給料ファクタリングを取り扱っています。被害を受けている方を弁護士等が支援する内容の番組が放送されたと知り合いから教えてもらいました。もちろん金利というか買取手数料は異常に高いです。

給料ファクタリング自体が問題ないサービスなのかよく分かりません。まともに経営されている事業者さんもいるのかもしれませんが、法外な手数料を要求されるトラブルが多発していますから注意したほうがいいです。

顧問先企業でも給料の前借りをしている従業員さんが何人かいます。その方たちはそれまで仕事に就けなかった、あるいは借金返済などが理由で当面の生活資金がないのです。そういう社員さんがいたら手を出してしまうかもしれませんから、みなさんの会社でもそういう業者に相談しないよう、社員さんにもぜひ注意するよう呼び掛けてください

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-その他
-