銀行融資

好条件の融資獲得を

2019-05-20

みなさんの会社は簡単に資金調達できますか。

極めて順調という企業もあれば、まったく相手にしてくれない企業と様々でしょう。

「うちは担当者から借りてくださいとお願いされるよ」という企業でも、良条件を勝ち取っている企業とそうでもない企業に分かれます。

例えば、とても財務内容は良好なのに、すべて信用保証協会の保証付き融資しかないという企業が意外とあるのです。

もうずっとそうだったこともあり、うちはプロパー融資なんて無理と思い込んでいるのです。経営者さんの中には、中小企業が銀行融資を受ける場合、必ず保証協会を利用しなければならないと思い込んでいる人もいました。

貸す側の金融機関も経営者が文句を言ってこなければ保証協会付き融資で対応するし、ライバル行も同様の対応ならなおさらそうなってしまうのです。

せっかく良い経営内容なのでしたら、もう少し自社にとって都合のいい融資条件を獲得しましょう。金利引き下げが手っ取り早いですけど、プロパー融資を目指してみるのはいかがでしょうか。

プロパー融資は、金融機関同士の競争激化もあり、以前よりも取り扱ってもらえる可能性は高くなっています。

保証が付かない分、金融機関のリスクは増加しますから慎重な審査にはなります。そこで、納税資金や賞与資金、あるいはつなぎ資金のような、数カ月で返済する融資を相談してみるといいでしょう。納税や賞与が発生するということは、通常それだけ業績が良いということですし、つなぎ資金も入金先が確実な企業なら取り組みやすいです。そこから徐々に実績を作っていきましょう。1つの金融機関が実行すれば、他行もプロパー融資での対応を意識せざるを得ません。

それに保証料を節約することができますし、経営が悪化しプロパー融資が難しくなってきた場合に備え、保証枠を温存することができます。金融機関はリスクが増加するので、金利引き上げを求められる可能性はありますが、プロパー融資を提案されて選択肢が増える分だけこちらにはメリットはあります。

すでに金融機関からの評価も上々で、プロパー融資の資金調達がすでにできているのなら、さらに経営者保証を求めない融資での資金調達を目指すことが考えられます。財務内容が良好、法人の経理と個人の家計が明確に分離されている、適時適切に経営内容を報告するなどの条件をクリアする必要はありますが、目指してみる価値はあるでしょう。

ごく一部の金融機関は積極的に検討していますが、現実にはまだそれほど広まっているとはいえません。しかし、今の条件での資金調達に満足せず、より好条件での獲得にチャレンジしてみませんか。

もし良い返事がもらえなかったとしても、必ず現状の問題点を指摘してもらってください。そして、問題点をクリアする経営を目指していきましょう。

利益をしっかり出して経営を安定させることが一番ですが、そう容易なことではありません。法人と経営者のお金をしっかり分けて管理する、定期的に経営状況を試算表などで報告する、これは社内でできることです。まずはそれらから取り組むといいでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-銀行融資
-