金融機関とのコネを自慢する専門家

以前ほどではないにしても、親しい金融機関の行職員、特に支店長を紹介して欲しいと言われることがあります。若い経営者でそういうこと言ってくる人は少なく、どちらかというと私よりも年上の男性経営者が多いような気が。

資金調達に関するコンサルタントの中には、「私はいくつかの銀行とコネがあるから、他のコンサルタントよりも有利だ」とか、税理士でも地元で長年経営している方だと、「地元の〇〇銀行とは親しいから、私が一言いえば融資出るよ」と言う方がいます。ホームページに「優秀な資金調達コンサルタントは、どれだけ金融機関と人脈があるかが選択する際の判断材料」と書いている専門家もいました。

しかし、コンサルタントや税理士が紹介したからといって融資審査に影響することはありません。

私も知っている金融機関はありますし、顧問先を紹介することはあります。その時は、相手の金融機関に迷惑をかけない顧問先企業を紹介します。その基準として決算内容は悪くても少しはお付き合いをして、経営者がまじめな性格でしっかり仕事をされる方かどうかで判断しています。

確かに政府系金融機関では政治家等の口利きはありますが、民間金融機関でコンサルタントや士業が紹介しただけで融資が出る時代ではありません。金融機関がそんなことしているのが明らかになれば問題になるでしょう。

そもそも、そんなコネに頼らなければならない経営者は今までの経営を反省する必要があります。もしコネで何とかなったとしても、人事異動などで対応が変化したらどうしますか。コネに頼らないですむ経営をしなければなりません。

しかし、コネに頼りたい経営者のほとんどは、経営改善を実行するどころか、これまでの経営を見直すことすらしません。

コネ(あるいは粉飾決算)で自社の能力を超えた借入金になれば、いずれは資金調達できなくなる時が来ます。早く他人に頼らないですむ経営を目指しましょう。

それにコネを自慢する専門家もどうかと思います。顧問先が資金調達しやすい企業になるサポートをしていくのが専門家の仕事です。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事