中小企業経営

昨年、顧問先が増えた理由

2019-01-25

当社は新しい顧問先が増えるのはいつも春と秋(3月~5月、9月~10月)です。

夏休みや年末年始に、経営の悩みについて外部の専門家には相談したくないのかもしれません。

しかし、昨年は問い合わせが少ない月にも顧問先が増えた1年でした。このブログのアクセス数はまだホームページより少ないものの、ブログを見て電話したというご連絡は間違いなく増えましたから、それも影響しているのかもしれません。

当社とお付き合いしてくださった理由

6月から顧問先がどうして増えたのか、当社とお付き合いを始めてくださったのか、その理由をいくつか書いてみます。

・千葉市の会社さん
赤字が続いていて黒字に転換できない。金融機関から原因と改善策を経営改善計画書にまとめて提出するよう求められている。そして、経営改善計画策定後も継続して支援して欲しい。

・豊島区の会社さん
税理士には3か月に1回、領収書や通帳等を会計ソフトに入力してもらい、試算表、決算書や申告書を作成してもらっている。しかし、そこまでしかやってくれないので、経営の問題点の改善、資金繰り面を見てもらいたいので毎月相談に乗ってほしい。

・成田市の会社さん
千葉県では非常に有名な税理士事務所だけど担当者が非常に忙しく、高額な顧問料を支払っているけど、サポートはしてくれないし決算書は間違っている。

・江東区の会社さん
特に金融機関から求められているわけではないが、期首に計画書を作成して計画に沿った経営をしていきたい。そのため、計画書の作成と期中管理をサポートしてくれる専門家を求めている。

・中央区の会社さん
経理未経験者の社員を経理課に配属させた。税理士も社員教育まではしてくれないので、経理部長の立場で教育してくれる人が必要だ。

このようなことで当社にご依頼がありました。

無料・有料相談を受け付けています

自社の数字を見ながら経営上の悩み(経営改善、資金繰り安定、銀行融資取引支援)に乗って欲しいという要望が中心です。

そんなお悩みの経営者様からのご相談は当社も歓迎します。

経営の良き相談相手がいない、そんな場合は当社にその悩み相談してみませんか。

当社では無料と有料のご相談を受け付けています。

・無料相談
電話やメールでの対応となります。電話やメールでの対応となりますが、できるだけお役に立てるようアドバイスします。

・有料相談
有料相談は面談での対応となります。御社の決算書等の資料を拝見しながら、無料相談よりもより具体的なアドバイスができます。しかし、有料相談は不安もあるかもしれません。そこでご相談開始後、期待していたものと違うなと感じたら、開始後30分以内にお伝えください。その場合は相談料をいただきません。もちろん理由などもこちらからは聞きませんのでご安心ください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-中小企業経営
-