当社は記帳代行も行っています

日々発生する領収書や請求書、そして通帳にも日々入出金が繰り返され、それらをまとめていくことで決算書が完成し、法人税等の申告書も出来上がることになります。

かなり昔でしたら手書きで経理作業を行っていたでしょうが、現在では会計ソフトの利用が当たり前となっていますね。

領収書、請求書、通帳などを税理士事務所や記帳代行会社に渡し、会計帳簿を作成してもらうことを記帳代行といいます。記帳代行業務を引受けた側は、それらを会計ソフトに入力し試算表や決算書を作成します。

そして、記帳代行を依頼せず自社で会計ソフトを使って試算表や決算書を作成することを、自計化といいます。会計ソフトを使って自社で処理している企業も多いでしょう。

最近は自計化の流れになりつつあります。今日伺った顧問先様も、自社で会計ソフトを使って入力作業を行っています。

理想的には自計化を導入して、自社ですぐに経営状況を数字で確認できるようにするのが良いと私も思います。税理士事務所や記帳代行会社に依頼するよりも、早く試算表・決算書が完成しますから、自社の経営にもメリットは多いです。詳しくはHP「自計化について」を参照してください。

しかし、自計化を導入する企業が増えてきたからといって、皆さんの会社もそうしなければならないわけではありません。次のような状況にある場合は、記帳代行を検討してみましょう。

・起業したばかりで本業に集中したい
・経営者である自分も含め、社内には経理に詳しい者がいない
・事業が順調になり多忙になってきたが、経理社員を増やすほどの余裕はない
・パソコンを使うのが得意ではない
・顧問税理士から自計化を求められているがどうしても無理だ
・数字を見るのが苦手

といった場合は、無理をせず記帳代行を選択したほうがいいでしょう。無理に自計化をすることで本業や経理業務に支障が出るのは避けましょう。

当社は中小企業の経理部長、経営者の右腕として、資金繰りや経営の改善等をお手伝いしておりますが、この記帳代行業務も行っています。そして、法人税等の申告は提携税理士が担当しております。

資金繰りや経営が悪化した企業というのは、税理士をはじめ優秀なアドバイザーが不在であることが多いです。

そのような中小企業からご相談を受けた場合、当社では提携税理士と共に記帳代行業務からお手伝いし、そして決算書・申告書作成をしながら経営改善の支援を行っています。

記帳代行に関心のある経営者様は、当社ホームページ「記帳代行」をご覧ください。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事