決算書提出は義務?

金融機関から融資を受ける際、必ず必要な書類は決算書です。

誰でも知っていることだし、融資を受けたい企業経営者は、積極的に決算書を提出するでしょう。

では融資を受けた後、金融機関に決算書を提出し続けなければならないのでしょうか。

経営者からすれば「遅れずにちゃんと返済しているし、しばらくの間は資金調達が不要だから、いちいち決算書を提出する必要はない」と考えると思います。

それに、とても良い決算内容でしたら見せてもいい(見せたい)でしょうけど、あまり内容が良くなければ、義務でもない限りこちらから積極的には提出したくないでしょう。

確かに毎年継続して金融機関に決算書を提出する義務はないかもしれません。

しかし、それでも金融機関が決算書の提出を求めるのには理由があります。まず融資した資金を使って企業が成長しているか、経営改善がなされているかを検証するためです。それに新たな融資を提案できなないか、逆に思うような経営が出来ていないようであれば、経営改善でお手伝いできないか、をチェックする意味があります。

融資の審査を行う場合は、その時点での決算書を使って審査を行いますから、その後の決算内容が悪化したからといって、繰り上げて返済を求めるということはありません。期限の利益といって、約定通りの返済を行っている場合は、借入期限までに返済をすればいい、融資を受け続ける権利が企業にはあるのです。

決算書を毎期提出し続ければ、金融機関は企業の最新情報を把握できているので、いざ融資を申し込む時にも短時間で審査が進みますから、そういう意味でもメリットがあります。

決算書の提出を拒むということは、金融機関担当者からすれば、決算内容が悪くて見せられる状態ではない、困った時だけ来て良好な関係を築こうとしない企業、とマイナスイメージにも捉えられることもあるでしょう。

今は借りる立場が結構強いですから、無理に決算書を提出しなくても、困った時だけ相談に行っても、融資を受けることはできるでしょう。しかし、先ほどのように短時間で審査を進めて資金調達したり、金融機関から積極的な支援を受けようと考えると、やはり定期的に提出して簡単でも決算説明するようなお付き合いをしてください。

銀行や税理士事務所等で勤務した経験を活かし、経営者の右腕・参謀として資金繰りや経営改善、銀行取引についてご支援します。相談できるコンサルタントや専門家がいなければいつでも連絡してください。

プロフィール

関連記事