検討します

「銀行に騙されたことがある」という話を聞くことがあります。そんなご相談の中には確かにひどい対応を受けていることもありますが、経営者が勝手に騙されたと言っていることもあります。

「検討します」はあてにならないことが多い

融資の件で銀行の担当者に相談したところ、融資をする条件として「他行で借りている保証協会付き融資を当行で借り換えさせてくれたら、プロパーでの追加融資を検討します」、あるいは「リスケジュールをせずに、この調子であと半年ぐらい返済を継続してくれたら、新たにご融資を検討いたしますよ」といった感じの内容です。

私たちが普段、検討という言葉を使うとき、本当に前向きな場合もあるでしょうが、「考えておきます」的な意味になることもあるでしょう。

だから「検討します」という場合、残念な結果になることもあるかなと思うのですが、社長からすると銀行員が出した要求にこちらが応じたならば、「検討します」とはいっても、こちらの希望を聞いて融資してくれそうな期待を持ってしまうかもしれません。

確かに条件を受け入れたのなら融資が出ると期待を持たせる発言だとは思いますが、それで絶対に大丈夫だと過度な期待は持たない方がいいでしょう。

最初の例は、2年前に資金繰り相談を受けた時に社長から聞いた話です。資金繰りに困って新たな資金調達を模索していたのですが、取引銀行すべてから追加融資を断られていました。そのため、新規取引を開始した別の銀行に相談したところ、「プロパー融資を検討するから、まずは他行にある保証協会付き融資を先にうちでやらせてくれ」と言われたそうです。そして、プロパー融資も出るとの期待から、社長は信用して言われた通りにしたけど、1週間ぐらいしてプロパー融資は承認が下りなかったとの回答。

銀行員からすれば、「検討します」と言っただけで、約束はしていないということになるのでしょう。

結局、借り換えはしたけど新たな資金調達はできない、それに加え今まで支援をしてくれていた銀行には悪い印象を持たれてしまいました。

もう1つの方は、半年程度返済を継続したら、新たな融資を検討するというケースですが、結局は出なかったそうです。

その発言をした時点では融資が可能であったかもしれませんが、半年後に再度審査をすることになるのです。そして、その時には業績はどうなっているかわかりません。半年後に業績が悪化していることもあるでしょう。融資姿勢だって変化しているかもしれません。そうなれば融資の話もなくなってしまうと考えたほうがいいのです。

悪い結果になってもいいように

銀行員は、支店長や本部の承認もなく担当者レベルで融資を約束してはいけませんが、自分自身のノルマのため、あるいは資金繰りで苦しむ融資先を安心させたいという気持ちから、少し期待を持たせる発言をしてしまうかもしれません。

融資が出なかった場合のことを考えると、少しでも資金繰りに余裕のあるうちに行動することが必要です。そうすれば他行に相談する時間が残されていますし、最悪すべての資金調達が不可能であっても、手持資金に多少ゆとりがある段階でリスケジュールが可能でしょう。

融資を申し込んでしばらく返済を継続すれば検討するとの回答なら、言われるがまま続けるよりもリスケジュールを選択した方がいいケースが多いように思います。

また、他行で資金調達をして返済することは、これまでの関係を悪化させることになります。余程の理由がなければ避けるべき方法です。

資金繰りに大きな影響を与えることですから注意しましょう。

銀行や税理士事務所等で勤務した経験を活かし、経営者の右腕・参謀として資金繰りや経営改善、銀行取引についてご支援します。相談できるコンサルタントや専門家がいなければいつでも連絡してください。

プロフィール

関連記事