経理業務

経理を手伝っている社長の奥様へ

2018-01-29

社長の奥さんが経理を任されている中小企業は多いと思います。

当社の顧問先でもそのような企業はいくつかあります。

そんな奥さんたちは、夫が独立したけど経理社員を雇用する余裕はないから、仕方なく手伝っていることも多いでしょう。だから経理の仕事に詳しいわけではないし正直よく分からないけど、悩みながら何とか事務作業をしている、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自社の経理をサポートしてくれている税理士事務所等の担当者がしっかりした方ならいいのですが、来てくれない、あまり頼りにならない、相談しても返事をくれない等、相談相手として期待できない場合があるようです。

相談相手がいないためちょっと困ったことがあるときに、「この経理処理はどのようにしたほうがいいのだろうか?」「この書類はどう作ったらいいのだろうか?」と経理業務で悩み事が出てきてもすぐに解決できないことがあると思います。

また、経理に関することではありますが、中小企業の社長の中には資金繰りに関しても避けてしまい、奥さんに任せきりになっているため、1人で苦労している会社さんもよく見かけます。

銀行員の頃、社長に数字の事を質問すると、「俺は分からない。すべて妻に任せている。」と言ってくる社長は多かったです。

奥さんたちは子育てや主婦業をしながらですと、ずっと会社の仕事をやっているわけにもいきませんね。

そのため、当社の顧問先にも経営が悪化して夫婦げんかが絶えない会社さんがありました。しかし、今は資金繰りが安定したおかげで夫婦仲が良くなってきました。

夫婦関係が悪くなると、経営改善にも影響を与えてしまいます。

当社はそんな家族経営の会社さんの経営改善をたくさん成功させてきました。

経理を任されている奥さんが、相談相手がいなく困っている、あるいは自社の経営が原因で夫婦関係がぎくしゃくしているようでしたら、ぜひ一度相談してみませんか。

経理や資金繰りを任されている奥さん、こんな悩みをお持ちではありませんか。
・経営が悪化して資金繰りが苦しい
・日々の経理業務で気軽に相談できる相手がいない
・銀行から書類(試算表、計画書等)の提出を求められている
・相談できる、あるいは手伝ってくれる相手がいない、
・経営や資金繰りのことで夫婦喧嘩が絶えない

もしこんな悩みをお持ちでしたら、当社「サービスのご案内」を一度ご覧ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エム・エヌ・コンサル代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-経理業務
-