銀行融資

もう借りられないか確認しましたか?

2018-12-18

赤字が1期だけならいいのですが、2期連続となれば金融機関からの資金調達は難易度が上昇してきます。企業にもよりますが、無理ではないものの条件(信用保証協会の利用、金利引上げ等)が悪化したり、融資実行まで時間がかかったり、決算書や試算表以外にも計算書等の資料提出を求められたりと、やや面倒になってくるでしょう。

ずっと黒字が続いていても赤字になってしまうことはあります。今期赤字になっても、今回の赤字原因と対策による翌期以降の見通しを説明することで、融資が受けられることは多いと思います。

ただ今後、自社の経営が悪化し連続赤字が続く見通しで、これからの融資が難しくなることが予想されるのであれば、資金調達が難しくなる前に早めに動いておくことも考えておきましょう。

中小企業では今期の決算予想をあらかじめ計算していないことが多いので、申告期限間際になって赤字だったことが分かる企業は意外と多いです。そして、金融機関に相談に行って断られれば、資金繰りが当然苦しくなります。または粉飾をして黒字にし、融資を受ける企業もあります。もちろんそれは悪いことですし、それに粉飾して黒字にした分だけ税金の支払いが増えることにもなります。

だから、そんなことにならないよう、「うちの業界(あるいは当社)はこれから厳しくなりそうだ」と感じた時点で、手持ち資金に余裕を持たせておくことも必要なのです。

よく資金繰りの相談を受けていると、リスケジュールをしたい(リスケした方がいいのだろうか)という内容が多くあります。しかし、決算書を見てみるとまだ融資が受けられそうと感じることも多くあります。

その時、経営者さんに「取引金融機関に融資の相談はしましたか」と尋ねると、「どうせダメかと思ってしていません」と言います。

リスケ中でも新規融資が受けられる可能性はあります。しかし、リスケしていない企業よりかは難しいし、それに再生するまで時間がかかるから、そのために必要な資金を借りられるなら借りておく、そのためにも金融機関にはまだ融資が受けられるか確認はしましょう。そして、それが無理と確認できてからリスケの相談をするのです。

リスケ中は新規融資が期待できないと保守的に考えておきましょう。そのため、少しでも余裕のあるうちに対応してもらい資金の流出を防ぎ、資金繰りを改善していきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-銀行融資
-,