住宅ローン

住宅ローンは自宅を購入したい個人を対象にした融資であり、通常は20年、30年と長期にわたる融資となるため、金融機関としては長期間の利息収入が見込めるため積極的に推進している融資の1つです。

しかし、そんな住宅ローンも金融機関の間での獲得競争が激化し、イオン銀行等の新規参入により一層の低金利競争になっています。

金融機関が住宅ローン審査で重視するのは返済能力であって、担保評価ではありません。

「長期にわたってしっかり返済してくれる人なのか」を最も重視します。したがって、公務員、上場企業の社員は収入の安定性が高いため評価が高く、残念ながら中小企業の経営者は(会社の業績にもよりますが)低く見られがちです。また、決算書を過去3期分程度提出を求められる事が一般的です。

 

住宅ローンを見直してみませんか?

住宅ローンは借入をした後、そのままにしている事が多いようです。

というのも、他行で低金利で借り換えができるとしても、必要書類の準備や金融機関窓口へ行く手間を考えると、何だか面倒な気がしてそのままにしてしまいがちです。

しかし、以前のやや高金利の時に借り入れをして、まだ借入残高や返済期間が残っている、という場合は、借り換えをした方が完済までに支払う利息は大きく違ってくることがあります。

中小企業は大企業と比べ経営基盤が弱いことから赤字になりやすいので、経営者自身で減らせる支出を抑えるのは、結局のところ自社の経営安定にもつながります。

借入金の利率と現在の平均利率に1%以上差がある、借入金残高が1,500万円以上、返済期間が10年以上ある場合は、一度試算をしてもらうと良いと思います。

お近くの金融機関で休日に住宅ローン相談会をやっていることが多いですから、ぜひ利用してみてください。

また、最近は住宅ローンの借換えを支援するサービスを提供している会社があります。このようなサービスは有料とはなりますが、面倒な手間を省くことができますから、忙しい経営者様は利用を検討してみてもいいでしょう。

主な借り換え支援会社

・株式会社JMPパートナーズ 安心×確実×手間なしの「住宅ローン借り換えセンター」

・株式会社MFS住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

 

 

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

おすすめ記事

  1. ブログ

    計画書は作成した後が大切です
  2. その他いろいろ

    タンス預金はやめましょう
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    年末年始休業日のお知らせ
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    バンクビジネス7月15日号に監修記事が掲載されました
  5. ブログ

    お金の管理は他人任せにしない
PAGE TOP