返済資金は前日までに入金

金融機関から融資を受けその後返済が始まると、通常は預金口座から自動的に引き落としされます。

返済資金は前日までに入金されているでしょうか。それとも残高不足で返済日当日に入金することがあるでしょうか。

当日入金は印象が悪い

以前お付き合いがあった顧問先はR銀行から融資を受けていたのですが、資金繰りが非常に苦しくなったことから、返済資金を返済日当日に入金するようになってたのです。そしてしばらくした頃、担当者から前日までに入金して欲しいとの連絡がありました。

社長は「苦しいところ何とかお金かき集めて入金しているのに」「当日入金でも返済が遅れたわけではないのだから問題ないだろう 」と不満を漏らしていました。

私が銀行員の時にも同じことがありました。返済日の3時ごろに現金で持ってくるのです。やはりR銀行と同じように、もう少し早く入金してくれるようお願いしていました。延滞ではありませんが資金繰りが相当苦しいわけであり、今後の審査にもマイナスとなる可能性があります。経営者の苦労は理解できますが、銀行担当者の立場では時々なら仕方がないでしょうが、頻繁に発生するようではそういう対応になってしまいます。

前日までに入金を

返済処理は返済日の遅くとも朝までに口座から自動引き落としがなされます。そして、引き落としが残高不足でなされなかったとき、返済不能一覧リストで

担当者は知ることになります。

返済日当日にその分の資金があれば問題にはならないのですが、その返済不能リストにいつも出てくるようでは、資金繰りが相当苦しくて今後延滞が発生する企業としてマイナスイメージを持たれかねません。今後の融資にも影響を与えます。

もちろん支払順位では、給料や仕入代金支払いが借入金返済よりも優先するべきですが、他行の口座に残高がある、あるいは経営者個人で手元に現金があるのなら前日までに入金しておきましょう。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事