個人事業主のみなさん、確定申告のほうは順調ですか

平成28年分の確定申告ですが、2月16日から申告書の受け付けが始まり、3月15日までに申告・納税(消費税は及び地方消費税3月31日まで)となっています。

個人事業主さんの中には、今日2月6日になっても、正直まだ何もしていないなんていう方いませんか。おそらくいるのではないでしょうか。

書類で申告している方ですと、もう税務署から申告書類が届いているはずです。

もうそろそろ確定申告をしないといけないから、売上や経費をまとめなきゃいけないけど、やっぱり面倒くさい。この時期になると、経理処理を日頃からやっておけばよかったと後悔をする。

私が税理士事務所に勤めていた頃もそうでしたけど、2月中旬から確定申告の時期といっても、申告書作成に必要な書類やデータを送ってくるのが遅いので私は暇でした。

しかしその分、3月からの2週間は非常に忙しかったです。いつも金曜日の夜は土曜日の朝まで事務所でずっと確定申告していましたから。

自分で申告までやっている方の中にも、同じように3月入ってから一気にやる方もいるかもしれませんが、1日も早く取り掛かりましょう。

申告期限近くなって慌てて1年分の経理処理をやると、ミスも起こりやすくなります。

個人事業主の中には会計ソフトを使っている方もいるでしょうし、エクセル等でまとめている方もいるでしょう。会計ソフトは必ず使わなければならない事は決してありません。売上や経費の件数が少ないのでしたら、無理に使う必要はないでしょう。

正しい経理処理や申告を行っていれば、どちらでもかまいません。

しかし、これから使ってみたい、あるいは今使っている会計ソフトに不満があるという方でしたら、freeeを使ってみてはいかがでしょうか。


私の経験からすると、ある程度の知識がある方は、もしかしたら逆に使いにくいかもしれませんが、あまり(あるいはほとんど)経理の知識や経験がない方でしたら、むしろ使いやすいと感じると思います。会計ソフト選びの参考にしてください。

なお、ご自身で申告書を作成されている方は、もうすでにご存じでしょうが、国税庁のホームページで、申告書の作成ができます。確定申告書等作成コーナー

かなり分かりやすく操作もしやすいので、こちらも参考にしてみて下さい。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事