聞いたことがない銀行からの連絡

顧問先(東京都)から「〇〇銀行とかいう銀行からメールが届きました」とお電話がありました。東京からはちょっと離れているけど大手地方銀行です。

地元では知らない人はいないけど、東京では知らない人が多いかもしれません。その社長もご存知ありませんでした。

本来、地方銀行は地元を営業エリアとして、地元の中小企業を支援するのが本来の仕事ではあります。しかし、地方では融資残高を伸ばすのが難しいからと、東京都等に進出し支店や出張所を置く銀行もあります。

帝国データバンク等の情報で売上高や評点を参考にして営業をかけるのです。

そういう銀行から連絡を受けたり、訪問を受けたりしたら、基本的には無視しないでおきましょう。

なぜなら、地元では有名銀行であっても東京都では無名の銀行です。しかも、すでにみなさんの会社でも多くの金融機関と取引していると思いますが、そこに入り込もうとしているのです。低金利や積極的な融資姿勢でいくしかありません。

企業側は有利な条件での資金調達が可能となるかもしれませんし、すでに取引している金融機関にもいい刺激を与えることになります。

自行庫よりも低金利を出してきたとなれば、それを意識しないではいられません。企業側から「新しく取引した〇〇銀行の金利は△△%だった」と言われれば、借換えを防止するためにも条件の見直しを考えざるを得ないでしょう。

しかし、初めて会ってすぐに決算書を提出するのは控えた方が良いかもしれません。初日から決算書が出てきたら、資金繰りに困って早く融資を受けたいように見えますから。何度か会って自社と本当に取引したい姿勢が見えるのなら決算書を見せてもいいでしょう。

別の顧問先が何度も訪問して来る銀行に、「うちの決算書悪いよ」と言い続けてきたおかげか、実際に見せたら「なんだそれほど悪くないじゃない」といい印象を持ってもらえたからでしょうか、通常は出ないと思われたプロパー融資が少額ですけど出ました。

ただ、やはりメインバンクは基本的に地元の金融機関がいいと思います。地元金融機関からその営業エリアから出ていくことはありませんけど、他県から進出してきた銀行はずっと近くにいてくれるとは限りませんから。

こちらが「貸してください」といつもならこちらがお願いする立場ですが、向こうから来てくれるのですから少し有利な立場で交渉ができるでしょう。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事