第一勧業信用組合巣鴨支店を訪問

第一勧業信用組合巣鴨支店さんに行ってきました。

目的は顧問先の決算書提出と内容の説明、それと今後の事業展開について報告するためです。

新型コロナウイルスの影響を大きく受けたにもかかわらず、その顧問先は後半挽回して黒字決算にすることができました。それに今後もほぼ確実に事業拡大が見込める企業ですから、これからも前向きな支援が期待できそうでした。

当社は顧問先2社をご紹介しているのですが、もう1社は今ちょっと調子が悪いです。それでも非常に積極的な金融支援をしてくださっています。

信用組合ですから規模は銀行に比べれば小さいですし、高額な融資となるとちょっと難しいでしょうが、小規模企業にもやさしい金融機関だと思います。東京都には信用金庫と信用組合がたくさんありますけど、おすすめできる金融機関の1つです。

ところで、新型コロナウイルスの影響により、決算内容が悪い企業が多いと思います。赤字決算が増えているのではないでしょうか。

どのような結果であれ、今日の顧問先のように決算内容についてはぜひ担当者に説明してください。赤字だと説明するのも嫌かもしれませんが、むしろ赤字企業ほど積極的になるべきです。原因と今後の対応策について説明しておきましょう。

それと決算書は(多くが)1年間の数字がまとめられたものですから、月ごとの収支が分かる書類も提出しましょう。それにより例えば1年間のトータルは赤字でも、コロナ前までは順調であったなら、収束に向かえば業績は回復すると説明しやすいです。逆に前半は赤字であったが後半回復していれば、次の決算は黒字が見込まれると評価してもらいやすいでしょう。

また、複数の事業を営んでいる企業なら、各事業の収支を提出しましょう。全体では赤字であったとしても、A事業は赤字でB事業は黒字なら、企業の見方は変わってきますから。

必要以上の書類提出は不要とアドバイスするコンサルタントもいますが、協力的な金融機関には必要ないかな?と思われる書類でも、積極的に提出した方が良い結果を得られます。

銀行や税理士事務所等で勤務した経験を活かし、経営者の右腕・参謀として資金繰りや経営改善、銀行取引についてご支援します。相談できるコンサルタントや専門家がいなければいつでも連絡してください。

プロフィール

関連記事