今日で8年

大地震に加え津波や原発事故もあり、東北を中心に大きな被害が発生したのはご存知の通りです。地震の記憶はあるのですが、津波が襲ってくるテレビの映像がショックだったのか、私はあまりその辺の記憶がありません。

当社は千葉県ですし直接の被害はありませんでした。しかし、顧問先は東京都、千葉県、神奈川県が中心ですけど、大きな影響を受けてしまった企業はいくつかありました。

新橋駅近くにあった飲食業の顧問先は経営改善の途中でした。しかし、法人の接待などでの利用がほとんどなくなってしまい、経営者の年齢的なものもあり、残念ながら断念しなければなりませんでした。イベント関係の顧問先も大きな影響を受けました。震災後は様々なイベントが自粛され売り上げは激減しました。

あのような大災害が発生すれば、間接的であっても大きな影響を受ける可能性はあります。津波や原発事故ですべてを失ってしまう可能性は極めて低いでしょうけど、これからも地震や台風等の災害や、世界的な経済危機によって自社の経営が急激に悪化することは十分に考えられます。

常にそれらに備えて経営することは無理でしょう。しかし、大災害や経済危機が発生した場合に発動される保証制度(危機関連保証)があります。従来の保証枠とは別枠で利用できます。融資ですから返済義務はありますが、もし危機が発生してしまった場合は、公的な支援制度によって資金を手厚く保有することで事業再生を目指すことができます。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事