資金繰り

その資金調達大丈夫?

2020-04-30

金融庁のホームページで、高額な手数料によるファクタリングに関する注意喚起がなされていました。

多重債務防止のための注意喚起(高額な手数料によるファクタリングに関する注意喚起)

このブログで何度も書いていますけど、日本政策金融公庫や信用保証協会に申し込みが殺到しており、金融機関も通常より何倍も業務量が増えています。どうしても申し込みから回答までに時間がかかります。それに業績が悪化している企業が多いのですから、残念な回答になるケースも。

そうなると、とにかく今の資金繰りを何とかするために、どこでもいいから早く資金を調達したいと考える経営者が増えてきます。

しかし、親族や友人からの借り入れでは迷惑をかけるかもしれないし、不動産などの担保となるものもない(あったとしてもすでに金融機関への担保となっている)。持っているものといえば売掛金ぐらいしかないとなれば、それで資金調達ができないかとなるでしょう。「売掛金 資金調達」で検索すればファクタリングが出てきます。

2社間ファクタリングを扱う業者が増加し競争が起こっているので、以前に比べ低い買取手数料で取り扱うケースが増えてきました。ただ、高額な手数料を要求するファクタリング会社も存在します。また、ファクタリングを装って、貸金業登録のない業者が、売掛債権を担保とした違法な貸付けを行っている事案も増えています。

もしどうしても利用せざるを得ないのなら、せめて良く知られたファクタリング会社で、困っているからとすぐに契約せず条件をよく確認してください。

さもなければ今はいいでしょうが、かえって資金繰りが悪化し事業継続は一層難しくなります。

高額な手数料を支払ってもファクタリング会社を利用する企業の共通点は、すべてのことについて対応が非常に遅いことです。だから赤字が続いているのに何も対処しないままでいたため、そのうち税金や社会保険料を滞納させてしまい、金融機関に相談したら融資を断られ、資金調達に困って高額な手数料のファクタリングに手を出すのです。

特に資金繰りの見通しから、税金や社会保険料が滞納しそうなら、その前に金融機関から資金調達できるよう行動しておくことです。

ファクタリングに限らず高い金利や手数料を支払って融資などを受けなくて済むよう、今期の決算予想や資金繰りの見通しを経営者の皆さんはしっかり管理しましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601
HP:https://www.mn-con.jp/
日中はほぼ外出しているため、ご連絡はお問い合わせフォームをご利用ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エム・エヌ・コンサル代表 瀬野正博

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

-資金繰り
-,