銀行融資

  1. 銀行融資の裏技

    銀行からすると、本音では次のような企業に融資をしたいと思います。・毎期黒字である・自己資本が厚い、現預金に余裕がある…

  2. 経営改善計画書は毎年見直してもかまいません

    リスケジュールをしている企業は、多くが経営改善計画書を作成して、銀行に提出をしていると思います。計画書の中には簡易なものもあるでしょうし、銀行担当者が作ってくれ…

  3. 制度融資

    都道府県や市区町村では、中小企業が通常の融資に比べ、有利な条件で融資を受けやすくするための制度融資を用意しています。各自治体としては…

  4. 資産計上によって問題が表面化しない

    決算書の中には貸借対照表と損益計算書がありますが、貸借対照表は決算日における財政状態を表し、損益計算書は一定期間(例えば4月1日から3月31日)の経営成績を表し…

  5. 9月の融資対応は早めに

    当社は昨日までお休みで今日から仕事でしたが、お盆期間中にも相談したいという経営者さんとお会いしていたので、あまり休めませんでした。み…

  6. 計画未達の場合の銀行への報告

    当社のお客様の何社かは、取引銀行に経営改善計画書を提出して、その後の進捗状況を定期的に報告しています。当然、決算書が完成すれば、それ…

  7. 資料提出依頼には快く応じましょう

    融資の依頼をすると、銀行から「あの資料をください」とお願いされることがあります。そして、それを渡したらまた別の日に「この資料もください」とお願いされた経験のある…

  8. 8月になりました

    今日から8月ですから今年も残り5カ月となりました。観光客を相手にしている企業でしたら、8月は大切な月となるでしょうが、それ以外の企業…

  9. 提供する情報量が多いと融資の成功確率は高くなる

    銀行が中小企業向け融資をする際の判断材料として、当然大きな影響を与えるのは決算書です。業績が良好で多額の利益を出している決算書を作成しているのであれば、…

  10. 粉飾決算をするぐらいならリスケジュールを

    リスケジュール(以下、リスケ)を取引銀行に申請する企業というのは、その前段階ですでに「借りて返す」を繰り返している借換体質に陥っていることがほとんどです。…

最近の記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. 中小企業経営

    悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  2. ブログ

    働かない資産は処分の検討を
  3. ブログ

    部門別に把握してみましょう
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    遠い地域の企業様へ
  5. ブログ

    3月決算の会社さん、早めにおおよその税額を把握しましょう
PAGE TOP