金融機関は敵ではない

当社は、金融機関とはビジネスの良きパートナーと思って付き合うよう、顧問先にアドバイスしています。

というのも、金融機関は中小企業をいじめる敵のようなイメージを持った付き合い方や、そこまでではないにしても金融機関とは距離を置いた付き合い方をする経営者がいるのですが、それはデメリットはあってもメリットはないからです。

昔はいろいろあったとしても

専門家の中にもそういう考えを持っている方がいます。金融機関は「晴れの日に傘を貸して雨の日に取り上げる」からと、社内情報はなるべく開示しない、そして決算書の内容が悪ければ粉飾すらさせようとします。

業績が悪化しているため金融機関が新規融資やリスケジュールに消極的な状態だと、「こちらの要望に従ってくれないような銀行とは一切つきあうな」、あるいは「(返済ができなくなりそうでも、銀行には事前に相談せず)返済できないのだから一方的に返済をストップしてかまわない」等といった、金融機関とは最初から戦えというようなアドバイスをするのです。

業歴の長い企業でしたら、過去に相当つらい経験(貸し渋り、貸し剥がし)をされたことがあるのかもしれません。私も、「融資を出すと言ったのに直前で駄目になってしまった」、「他行にある保証協会付き融資を当行で借り換えさせてくれたら、プロパー融資も出しますと言ったのに、借り換えをしただけでプロパー融資は出なかった。借り換えを受けた金融機関との関係が悪化しただけの結果となってしまった(ちなみに超大手銀行虎ノ門支店の話)」そんな話はいくつも聞きます。だから、経営者や専門家でもベテランの方は過去の経験を思い出してしまうのかもしれません。

今でも全国のどこかで、中小企業に対してひどい仕打ちをしている金融機関が絶対に無いとはいえません。今でもあります。しかし、昔と違いそのような対応は極めて少ないと思います。昔の経験や自分の思う通りに行かないからと今の担当者を敵のように扱うのは間違いです。状況によっては、金融機関とケンカをするような付き合い方が必要な場合もありますが、目的や理由があってやることであり、最初から決めつけて戦うような姿勢や言動はしないで欲しいと思います。

金融機関は経営の良きパートナー

だからといって、金融機関に「融資してください」と頭を下げろと言っているわけではありません。金融機関は販売先や仕入先と同じ取引先の1つでありビジネスパートナーなのですから、対等な立場でこちらの意見や要望を言うべきですし、逆に金融機関側の考えや要望をしっかり聞くことも必要だということです。

金融機関に対する愚痴を経営者から聞いていると、中小企業に対してタチの悪い金融機関(あるいは行職員)も稀にいるようですけど、そのほとんどは経営者にも問題があります。

融資が出ない、リスケジュールにも応じてくれないことがあっても、それだけで金融機関を敵だとみなすのではなく、まずは当社の依頼になぜ応じてくれないのか、今後どのようにしていけばいいのか、アドバイスを求めるような姿勢が必要です。

金融機関行職員も距離を置いて接してくるよりも、ビジネスパートナーとして定期的に会ってくれて、自社の経営報告してくれる経営者が好きですし、応援したくなるのは当然です。

それに、必死に頑張っている経営者の姿を見続けていれば、できる限りの支援をしたくなるのです。

そういう関係になるためにも、自社の情報開示を行い、経営者自身が担当者に近づいていくよう心がけてみてください。

金融機関との良好な関係を構築するための支援は、当社が得意とするサービスです。もし、金融機関の対応が冷たい、融資やリスケジュール等の金融支援に消極的だとしたら、一度当社にご相談ください。

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。このブログでは、中小企業経営者向けに資金繰りや経営改善・銀行融資に関する情報を発信しています。

プロフィール

関連記事